KYOCERA SOCIAL ALBUM

会社訪問イベントを通して、子どもたちに職場で働く親の仕事を身近に感じてもらいました

2016/08/26

【会社訪問イベントを通して、子どもたちに職場で働く親の仕事を身近に感じてもらいました】
こんにちは。京セラ広報室です。
子どもたちにとって、自分の親が職場で働く姿を見ることは、親の仕事を身近に感じる貴重な機会ではないでしょうか。この8月、京セラグループでは社員の家族を対象に、会社訪問イベントを行いました。京セラ東京事業所と、京セラコミュニケーションシステム東京支社で行われた、イベントの様子をお知らせします。

週末の業務も終わりに近づいた、8月5日の午後4時頃。「親子見学会」に参加する子どもたちが、ワクワクした表情で京セラ東京事業所に集まりました。
まず、自分の親が携わる仕事をDVDで簡単に紹介し、京セラへのイメージを膨らませてもらいます。次に、京セラの技術が詰まった数々の製品や、最新のスマートフォンなどが展示してあるショールームを見学。そして、いよいよお待ちかねの職場訪問!!
珍しいお客さまの登場に、社員からは思わず笑みがこぼれ、緊張感あるオフィスも和やかに。子どもたちも、学校とは雰囲気が違う職場の様子に興味津々でした。
職場見学会の結びには、京セラのソーラーパネルを載せた工作キットで、太陽光発電の仕組みを学びます。光を当てると動くキットに、次々と驚きの声が上がっていました。
就業時間終了後には、事業所内のダイニングルームで「夏の夕べ」を開催。カラオケ大会やミニコンサート、チャリティバザーに遊具屋台、福引抽選会と盛りだくさんの内容で、親子一緒に楽しい夏の夜を過ごしてもらいました。

また、8月9日には、京セラコミュニケーションシステム東京支社でも、「子ども参観日」と題した同様のイベントが行われました。
13 人の子どもたちが、社員と一緒に出社してきました。今日はみんなも会社の一員です。朝礼に始まり、名刺交換、電話応対、TV会議など、社員と同じ仕事を実体験!!
各自が作った名刺を使って、正しい名刺交換の仕方を学びます。次に、職場で働くお父さんやお母さんに内線電話をかけ、訪問の約束を取りつけてから職場訪問。子どもたちが初めてのことにドキドキしている様子が、こちらにも伝わってきました!! TV会議では、モニター越しの相手と元気よくやり取り。どの子も最後まで一生懸命、楽しく参加してくれました。社員と一緒に退社する子どもたちの表情は、とても晴れやかに映りました。

今後も京セラグループでは、社員と家族が楽しめる、笑顔あふれるイベントを通して、家庭内のコミュニケーション促進に努めてまいります。

Facebookコメント