KYOCERA SOCIAL ALBUM

今年も実施しました! 京セラ森づくり活動

2017/11/30

こんにちは。京セラ広報室です。
 
11月23日に、京セラ本社および京セラ労働組合と協働で、7回目となる森づくり活動を実施しました。
 
当日は早朝まで小雨が降っていましたが、活動を始める時間には暖かな日差しが出てきました。
午前中は、京セラ本社の社員とその家族計35名が、地元の薪甘南備山(たきぎかんなびやま)保存会、京都森林インストラクター会、京都府・京田辺市の職員と共に、ヒノキの間伐や皮むき、間伐材を使用したベンチ作りを行いました。
午後からは、間伐材と松ぼっくりを利用したクリスマスツリー作りを楽しみました。
また、昼食には祇園蕎麦塾の皆様による打ち立て蕎麦の提供がありました。参加者は美味しくいただきながら、冷えた体を温めていました。
 
京セラ本社では、2012年11月に「森林の利用保全に関する協定」を締結し、古くから神の宿る山として信仰の対象とされ、水源としても大切に守られてきた京都府京田辺市にある「甘南備山(かんなびやま)」で定期的に活動を実施しています。
これからも社員の環境意識を高めながら、地域の皆様と森林保全活動に努めていきたいと思います。
 
■京セラ CSR活動(社会・環境への取り組み)サイト
http://www.kyocera.co.jp/ecology/eco/communicate/index.html

Facebookコメント