KYOCERA SOCIAL ALBUM

「京セラ森づくり活動」を実施!

2018/05/26

5月19日(土)に、京セラ本社および京セラ労働組合と協働で、8回目となる森づくり活動を実施しました。
 
当日は、京セラ本社の社員とその家族計44名が、地元の薪甘南備山(たきぎかんなびやま)保存会、京都森林インストラクター会、京都府・京田辺市の職員の皆様とともに、ヒノキの間伐作業を行いました。さらに、その間伐材を利用したベンチづくりや、コースターづくりをはじめ、100グラム丁度で材木を切り出すイベントなど、大いに盛り上がりました。
 
京セラ本社では、2012年11月に「森林の利用保全に関する協定」を締結し、古くから神の宿る山として信仰され、水源としても大切に守られてきた京都府京田辺市にある「甘南備山(かんなびやま)」で定期的に森づくり活動を実施しています。
これからも社員の環境意識を高めながら、地域の皆様と森林保全活動に努めていきたいと思います。
 
■京セラ CSR活動(社会・環境への取り組み)サイト
https://www.kyocera.co.jp/ecology/eco/communicate/index.html