KYOCERA SOCIAL ALBUM

京セラギャラリーにて、京セラ創立60周年記念展 開催

2019/05/18

京セラ本社ビル1階にある京セラギャラリーにおいて、本日、5月18日(土)から京セラ創立60周年記念展「ピカソ銅版画347シリーズ -愛・イメージの奔走-」を開催します。

京セラでは、創立60周年を記念して、日頃よりお世話になっている地元住民の皆様をはじめ、お客様への感謝の気持ちを込めて、当社が所蔵するパブロ・ピカソの晩年を代表する銅版画「347シリーズ」の全作品を、前期・後期に分けて一挙に展示する特別展を企画しました。

20世紀最大の画家と呼ばれるピカソは、生涯にわたり2,000点あまりの版画作品を制作していますが、「347シリーズ」は、86歳に達したピカソが、1968年3月16日から10月5日までの204日間に制作した347点の連作銅版画です。生涯の命題であった女性に対する「愛」を中心テーマとしながら、創造的イメージを展開させていると同時に、画家として生涯に取り上げた数々の題材を回顧している作品でもあります。

残されたわずかな時間に溢れんばかりの想像力を一気に爆発させ、なおも革新的な手法に挑戦しつづけたピカソの飽くなき意欲を、この作品群を通して感じていただける内容になっていますので、ぜひ、京セラギャラリーにお越しください!

■京セラギャラリー (京都市伏見区竹田鳥羽殿町6 京セラ本社ビル1階) <入館無料>
5月18日(土) ~ 6月30日(日) 10:00~17:00 (入館は16:30まで)
※会期中は、展示替えの6月6日、7日を除き毎日開館

【京セラ60周年記念展 ニュースリリース】
https://www.kyocera.co.jp/news/2019/0403_pika.html

【京セラギャラリー 公式サイト】
https://www.kyocera.co.jp/company/csr/facility/museum/

Facebookコメント