KYOCERA SOCIAL ALBUM

強い意識を持ち、グループ一丸となって環境保護活動を! – 世界環境デー

2019/06/05

本日6月5日は、「世界環境デー」です。
1972年6月5日からスウェーデンのストックホルムで開催された「国連人間環境会議」を記念し、同年12月に開催された国連総会で世界環境デーとして制定されました。

京セラグループは、創業以来、「敬天愛人」の社是のもと、「社会との共生」、「世界との共生」、そして「自然との共生」という3つの「共生(LIVING TOGETHER)」をすべての企業活動の基本に置き、エコロジー(環境性)とエコノミー(経済性)の両立を追求しながら持続的な発展をめざす「環境経営」にグループを挙げて取り組んでいます。

本年も環境月間である6月から9月までの4ヵ月間、「京セラグループエコアクション2019」と題し、徹底した省エネ活動に取り組んでいます。

京都綾部工場で行った昨年のエコアクションでは、ゴーヤを使ったグリーンツリー・グリーンカーテンを育成し、空調負荷の低減に努めました。なお、立派に実ったゴーヤは食堂で調理され、社員みんなでおいしくいただきました。本年も育成を進めています(^^)/

今後もこのような省エネ活動などを通じ、環境保護活動に取り組んでいきます!

◆ 京セラグループの環境への取り組み
https://www.kyocera.co.jp/ecology/eco/index.html