KYOCERA SOCIAL ALBUM

国際交流の取組みに協力!

2019/07/04

6月27日、アメリカ・カナダの中学・高校で教鞭をとる教師の皆さん10名が、京セラ本社に隣接する展示施設「稲盛ライブラリー」の見学にいらっしゃいました!

これは、一般財団法人「経済広報センター」が、1980年より行っている国際交流事業「北米社会科教師招聘プログラム」ツアーの一環で、京セラ本社を訪れたものです。

このプログラムは、地域社会のオピニオンリーダーである教師の方々に、日本の企業や学校、文化などに直接触れていただく機会を提供し、教育現場やコミュニティにおける日本への理解を促進してもらうことを目的とした取組みです。

京セラの歴史や、創業者・稲盛和夫の考え方などに関する展示を熱心にご覧になりながら、一生懸命にメモを取り、さまざまな質問を投げかける教師の皆さんの姿がとても印象的でした!

今回の見学が、北米の教師・中高生の間において、日本企業の取組みや考え方に対する理解が広がるきっかけにつながれば、何よりです!!