KYOCERA SOCIAL ALBUM

鹿児島県と鹿児島市への寄付について

2015/06/05

こんにちは。京セラ広報室です。
当社名誉会長の稲盛が、鹿児島県と鹿児島市にそれぞれ10億円ずつ、計20億円を寄附することになり、6月2日に鹿児島県庁で寄附金の贈呈式が行われました。
伊藤知事や森市長らが出席した贈呈式にて、稲盛は「鹿児島に生まれ23歳まで過ごし、ふるさと鹿児島のために何か役立つことができないかと考えていました。海外に開かれた鹿児島に、外国から多くの方々をお迎えして、国際的な交流をすることは非常に意義があると考え、お世話になった鹿児島県、鹿児島市のために、今回寄附をさせていただくことにしました」とスピーチしました。
今回の寄附金は、鹿児島市に建設される国際交流センター(仮称)の建設資金にあてられます。同センターは、外国人留学生・研究者らを受け入れる宿泊施設などを備え、県民・市民と在住外国人が交流する拠点となる予定です。

稲盛和夫オフィシャルサイト「多岐にわたる社会活動」
http://www.kyocera.co.jp/inamori/contribution/range/range01.html

Facebookコメント