KYOCERA SOCIAL ALBUM

稲盛和夫と猫

2019/02/24

2月22日は猫の日でした。今日は稲盛と飼い猫の「くうちゃん」のエピソードをご紹介します。

「今から2年前位に、ペットショップに行ったときに、目のクルクルとしたかわいい猫がおったんで、衝動買いでまけてもらって、買ってきたんですね。シンガポール原産の毛の非常に短い、ひょろ長い猫なんですがそれが今家にいます。名前を付けようと思ってたんですが、「ニャアン」と言わずに「クークー」と鳴くものですからいつのまにか「くうちゃん」になってしまって。それで、私が買って連れて帰ったのに、優しい家内には懐いていまして、家内が抱っこすると本当にうっとりとしてるんですが、私が抱っこすると、逃げていくんです。やっぱり動物にはわかるんだな、と」
(MBS毎日放送『ザ・リーダースペシャル 京セラ創業者稲盛和夫』 インタビュー(2016年12月31日放送)より)

奧さんにはべったりのくうちゃん、なかなか稲盛には懐かなかったようです。思わず「お前を買ってやったのはおれやぞ(笑)」とくうちゃんに説教をしてしまうこともあったとか…。そんなくうちゃん、写真ではすっかり稲盛家の一員としてくつろいでいます。

このような稲盛のエピソードや、思想、経営手法については、「稲盛ライブラリー公式Facebook」でも紹介しています。ぜひご覧ください(^^)/

◆稲盛ライブラリー公式Facebook
https://www.facebook.com/inamorilibrary/

Facebookコメント