KYOCERA SOCIAL ALBUM

兵庫県多可町に14.5MWの太陽光発電所が完成

2016/12/14

【兵庫県多可町に14.5MWの太陽光発電所が完成】
こんにちは。京セラ広報室です。
少し前の話になりますが、兵庫県のほぼ中央に位置する多可郡多可町で、京セラが運営に携わるメガソーラー発電所(14.5MW)が11月2日に運転を開始し、11月29日に竣工式を開催しました。

完成したのは、多可町安田郷メガソーラー発電所で、京セラをはじめ、(株)三菱総合研究所、東京センチュリー(株)、四電エンジニアリング(株)の4社が共同出資している合同会社が運営を行います。

発電所を建設した土地は、ゴルフ場の建設計画が中止となり、土地の有効活用が求められていた土地で、2015年4月から建設工事が進められてきました。竣工式には、地元・多可町役場関係者や地域住民の方々、工事関係者など約100名が出席し、発電所の完成を祝いました。

京セラ、三菱総合研究所、東京センチュリー、四電エンジニアリングは本事業を通じ、再生可能エネルギーの普及促進と、地球環境保全ならびに地域創生に貢献してまいります。

Facebookコメント