KYOCERA SOCIAL ALBUM

昨日、TCFDの提言に賛同しました!

2020/03/11

当社は昨日、主要国の中央銀行などが参加する金融安定理事会(FSB)によって設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」の提言に賛同し、気候変動に関する財務影響などについて、積極的に情報開示を進めることを表明しました!

京セラグループでは、「環境・エネルギー」を重点市場の一つと位置付け、バーチャルパワープラント(VPP)による電力の安定供給技術の確立、初期投資なしで太陽光発電が導入できるサービスの開始など、再生可能エネルギーの普及拡大に取り組んでいます。

さらに、2030年度に「排出する温室効果ガスを2013年度比30%削減」「再生可能エネルギーの導入量を2013年度比10倍」とする長期環境目標を定め、サプライチェーン全体で環境負荷の低減に努めています。

今後も、脱炭素社会の実現に向けて、積極的な対応を行っていきます。

◆ ニュースリリース
https://www.kyocera.co.jp/news/2020/tcfd.html

◆ 「バーチャルパワープラント構築実証実験」プロジェクト
https://www.kyocera.co.jp/recruit/new/pj/story03.html

◆ 設置費0円(※)サービスで太陽光発電を始めよう!
https://www.kyocera.co.jp/solar/personal/zero/
※ 既築住宅の場合、条件により別途工事費が必要になる可能性があります。

Facebookコメント