KYOCERA SOCIAL ALBUM

健康な明日をつくる、メディカル事業をご紹介

2017/06/06

【健康な明日をつくる、メディカル事業】

こんにちは。京セラ広報室です。

今日は、京セラのメディカル事業をご紹介します。
京セラのメディカル事業部は、医療用ファインセラミック材料などを用いた人工関節や脊椎固定材、デンタルインプラントや歯科技工用製品の他、頭蓋骨補綴プレートや遠心血液ポンプに至るまで、多岐にわたる医療用製品を取り扱っています。

主力製品である人工関節は、障がいのおこった関節と入れ替えることにより、痛みの軽減や運動機能の改善を可能とする医療機器です。股関節、膝関節を中心に国内で一年間に14万例以上の手術が実施されています。

製品の開発にあたっては、患者さんの視点に立つことをもっとも大切にしています。また、製品開発のみならず、患者さんや医療従事者のみなさんに対して、最新かつ的確な医療情報を積極的に提供しています。

京セラは、これからも患者さんのQOL(クオリティー・オブ・ライフ)の向上に貢献する医療用製品を開発、提供してまいります。

◆京セラ 医療用製品
http://www.kyocera.co.jp/prdct/medical/index.html

Facebookコメント