KYOCERA SOCIAL ALBUM

ライフサイエンス分野の発展に貢献していく!

2018/09/27

現在、世界各国で医療費の増加が深刻な問題となっています。
ライフサイエンス(生命科学)分野では、病気になる前に健康状態を把握するために、生体中の遺伝子やたんぱく質などを用いた最先端の検査技術の研究開発が世界中で盛んに行われています。

しかし、研究開発に必要な検査・分析の前工程では、経験を積んだ熟練技能者が専用試薬の調合や研究機器の操作などを行わなければならず、人材の不足や作業の効率化などが大きな課題となっています

当社は、自動で血液などから特定の細胞を分離して濃度を計測するチップ型の「細胞分離・濃度計測デバイス」の開発に成功! 今後ますます需要が高まるライフサイエンス分野の研究開発での検査・分析などにおいて、作業時間の短縮や省人化を図ることができ、健康寿命などを対象とするライフサイエンス分野の発展に貢献します。

※本製品は、10月16日(火)から10月19日(金)の4日間、幕張メッセ国際展示場(千葉県千葉市)で開催される「CEATEC JAPAN 2018」に出展します。

◆細胞分離・濃度計測デバイスの開発 (注目のテクノロジー)
https://www.kyocera.co.jp/tech/new/tkaz.html

◆「CEATEC JAPAN 2018」京セラブーススペシャルサイト
https://www.kyocera.co.jp/ceatec/index.html

Facebookコメント