KYOCERA SOCIAL ALBUM

京セラの高演色LED照明「CERAPHIC®」によって実現した、美しく繊細な色彩の変化が楽しめる演出照明

2016/12/07

【京セラの高演色LED照明「CERAPHIC(セラフィック)®」によって実現した、美しく繊細な色彩の変化が楽しめる演出照明】
こんにちは。京セラ広報室です。
みなさんは、今年の8月に竣工したワコール新京都ビルをご存知でしょうか。旅の玄関口・京都駅八条口にある同ビルは、1~2階にスクールやギャラリーを設けるなど、「美」にまつわる情報発信拠点として注目されている施設です。
 
なお、このビルでは夜になると、京都らしい柔らかく繊細な色彩の変化を楽しめる照明による演出が行われています。この演出は、京セラが開発した紫色LEDをベースとした高演色LED照明「CERAPHIC®」によって実現しているんですよ。
 
< 演出照明に関するひとくちメモ >
・照明点灯時間は、春分から秋分までが19:00~22:00、秋分から春分までが18:00~22:00です。
・普段は、絹をイメージした透明感のある白色(Silky White)の演出がされています。
・毎時00分より約5分間は、ワコールさんのコーポレートカラーをイメージした光のヴェールが広がります。
・毎時30分より約5分間は、二十四節気にあわせた色彩の変化がご覧いただけます。約2週間ごとに色調が変わりますので、ぜひコンプリートしてくださいね。
・なお、下記URLに掲載している動画は本年10月中旬に撮影したもので、「紅葉」が表現されています。
 
大阪方面へ向かう新幹線や、近鉄電車の中からもご覧いただくことができますので、夜にお近くにお越しの際には、京都らしい光の演出をお楽しみいただけたらと思います^^
 
CERAPHIC®の用途について – 高演色LED CERAPHIC|LED照明|京セラ
http://www.kyocera.co.jp/prdct/led-lighting/ceraphic/case/index.html

Facebookコメント