KYOCERA SOCIAL ALBUM

京セラグループ社内成人式

2017/01/24

【希望を胸に、羽ばたけ新成人!「社内成人式」】

こんばんは。京セラ広報室です。
今年は1月9日が「成人の日」でしたね。華やかな振り袖や真新しいスーツに身を包んだ新成人を、街中やニュースでご覧になった方も多いと思います。当社も1月7日から20日にかけて、国内の各拠点で「社内成人式」を開催し、105人の社員が大人への仲間入りを果たしました。

“成人を迎えるということは、社会人として責任ある判断と行動が求められ、自分自身の力で人生を築いていかなければならない。成人式は、そうした社会人としてのスタートに際し、自覚を促すとともに、周囲の多くの方々が祝福し、激励する大切な場である”

このような考えから、当社は昔から社内成人式を大切な行事の一つと位置づけ、若い社員の新たな門出をお祝いしています。

各拠点では、出席した新成人に向けて、代表取締役社長・山口からのメッセージが届けられました。

充実した会社生活を送り、素晴らしい人生を歩むために、「相手の立場に立って物事を考え、感謝し、行動する」「仕事を好きになる」「高い目標をもつ」の3点を心掛けてほしい。

変化の激しいこの時代を、若い皆さんの新しい発想と創造性、バイタリティで切り拓き、大きく成長してほしい。

新成人は緊張しつつも真剣なまなざしで、社長メッセージに耳を傾けていました。

続けて、昨年に成人を迎えた先輩社員が祝辞を贈り、新成人の代表が「誓いの言葉」を発表。「新たな出発の日にあたり、自分の役割を十分に果たせるよう、最大限努力することをお約束します」と、今後の抱負を堂々と語ってくれました。
記念撮影の後は、幹部社員との祝賀会へ。人生の大先輩に対し、心を込めて一生懸命お酌をする、ほほえましい場面が見られました(^^)

今後も京セラ社員として、未来に希望を抱き、失敗を恐れず積極果敢にチャレンジを続け、世の中の役に立つ人材に育ってほしいです。先輩社員の一人として、彼らの活躍を心から願います。がんばれ、新成人たち!