KYOCERA SOCIAL ALBUM

輝け! 京セラの次代を担う社員たち (28)

2017/04/29

【輝け! 京セラの次代を担う社員たち (28)】

こんにちは。京セラ広報室です。
本日は、本社で調達した部材や完成した製品の輸送を担当する物流部門の彼女を紹介します。

————————
京セラの工場は、北海道から九州・鹿児島まで、日本各地にあります。各工場が、生産に使用する部材や、完成した製品を個別に運送会社に依頼していたらどうでしょうか。効率が悪いですよね。そこで、当社の物流部門では、各工場の貨物を集約したり、在庫をまとめて管理するなど、輸送の効率化をはかっています。

私は、物流部門のなかでも、海外への輸出業務を担当しています。国際輸送には、荷主と運送業者の間を仲介する「フォワーダー(貨物利用運送事業者)」の存在が欠かせません。このフォワーダー様と連携し、日本からアジア各国のお客様へ製品をお届けするのに必要な「インボイス」を発行することが、私の主な業務です。インボイスは、貨物の通関手続きに使用される請求書や送り状のことで、ミスが許されない非常に重要な書類です。

入社して間もない頃、営業部門からの依頼・質問メールに対応しきれず、そのまま放置してしまったことがありました。先輩方からフォローいただき、大きなミスにはつながりませんでしたが、営業部門の方には、大変なご迷惑をおかけしてしまいました。自分の小さなミスで営業部門や製造部門の努力が無駄になってしまう。この失敗から責任感を持って、仕事にあたることの重要性を学びました。

自分なりに考えて、創意工夫をする。現在の輸送サービスにとらわれず、より早く、確実に海外のお客様に貨物を届けたい! これからも挑戦する気持ちを忘れずに、どんな仕事にも前向きに取り組む。そして、縁の下の力持ちとして、今後も京セラの海外展開を支えていきたいです。

#京セラの次代を担う社員たち #新入社員たちの奮闘記