KYOCERA SOCIAL ALBUM

輝け! 京セラの次代を担う社員たち (29)

2017/05/13

【輝け! 京セラの次代を担う社員たち (29)】

こんにちは。京セラ広報室です。
本日は、本社の海外営業として、スマートフォンなどの電子機器に搭載されるセラミック部品の販売を行っている中国出身の彼女を紹介します。

———————–
私は、海外営業として、アジアのお客様へ電子部品用のセラミックパッケージを販売しています。主に扱っている製品は、水晶デバイス用のパッケージです。皆さんは「水晶デバイス」という部品をご存知でしょうか。水晶と聞くと、アクセサリーのイメージがあるかもしれませんが、電子機器の中では、指揮者のように基準となる電気信号を作りだす非常に重要な役割を果たします。お持ちのスマートフォンにも複数個使用されています。それはもしかすると、私が販売した製品かもしれません(^^;)。このような重要な部品の担当をさせていただいていることに私は、非常にやりがいを感じています。

京セラに入社した直後、一番苦労したのがコミュニケーションです。工場の製造担当の方と初めて電話した時は、ものすごく緊張しました(*゚O゚*)。来日前に、中国で半年間、日本語を学習しましたが、工場の製造担当の方との会話が思う通りにできず、学習不足を痛感しました。悪戦苦闘している最中、台湾の現地法人からの電話は、中国語で思い通りに会話できる数少ない機会で、とても安堵したことを今でも覚えています。現在は、相手の話す内容も大部分理解できるようになりましたが、更に改善すべく頑張っています。

私の配属された海外営業の仕事は、直接お客様と折衝を行う現地法人と、部品を製造する工場とのパイプ役です。ただ、その仕事は現地法人と工場をつなぐメッセンジャーではありません。各国の現地法人から入手した情報を分析して、潜在的な市場を発見し、戦略を立案することが、海外営業の大きな価値のひとつです。私も一日も早く価値ある仕事ができるよう、またお客様に喜んでもらえるように日々努力し続けていきます!!

#京セラの次代を担う社員たち #新入社員たちの奮闘記