KYOCERA SOCIAL ALBUM

仕事と育児・家事とを両立しながら活躍する、京セラのママさん社員を紹介します! (4)

2017/10/20

こんにちは。京セラ広報室です。

京セラでは、多くのママさん社員が活躍しています。
そのかたわら、家に帰れば育児や家事をこなし、日々がんばっている姿には脱帽するばかりです。そんな京セラで働くママさん社員を紹介します。
第4回目となる今回は、滋賀八日市工場 製造部門でファインセラミックス製品の中間検査を担当している彼女です!(^^)!

———————————
★仕事と家事・育児を両立させるコツ
1つ目は、仕事も家事、育児も自分1人で抱え込まないこと。1人目の育休復帰後は、仕事も家事も育児も自分1人で完璧にこなそうとがんばりすぎ、パンクしてしまうことがありました。そんな時に周りの助けを少し借りると精神的にとても楽になり、余裕を持って仕事や育児をすることができるようになりました。
2つ目は、うまくストレスと付き合うこと。時々子どもを主人にお願いして、気の合う同僚や友人達とお酒を飲みに行ったり、自分へのご褒美に欲しかった洋服や鞄を買ったりと、仕事や家庭のことから少し離れた時間をうまくとってリフレッシュするようにしています。

★職場で嬉しかった周囲の言動・サポート
現在、私には小学生の男の子と女の子が1人ずついます。上の子は、幼い時に病気がちで入退院を繰り返しており、病院の付き添いなどで会社を早退したり、休まなければいけないことも多々ありました。そんな時、同僚から「仕事は私達でなんとかするから、子どもについていてあげて。子どもの母親はあなた1人なんだから!」と温かい言葉をかけてもらい、とても勇気づけられました。

★将来の目標や夢
製造部門は、どの工場でも男性が中心に活躍しています。私の所属する工場でも、女性の責任者は私を含めまだまだ少ない状況です。両立支援制度が整った今、結婚し子どもを産んでからも仕事を続けたいと思う女性社員は増えています。そのような女性社員にもチャンスがあり、責任ある仕事、立場でがんばることができるんだ、と思ってもらえるような働くママの先輩でありたいと思っています。

★最近のトピックス
最近、寝る時は「必ずママの隣!」と譲らなかった下の娘が1人で自分の部屋で寝るようになり、子どもの成長を感じました。そうやって、親の手を離れていくのかなと思うと嬉しい半面、寂しさも感じています。
———————————

#京セラのママさん社員