KYOCERA SOCIAL ALBUM

京セラの海外出身社員紹介 「国境を越えたつながり。中国から日本、そして世界へ!

2018/01/25

こんにちは。京セラ広報室です。
 
企業のグローバル化が進む昨今。京セラも積極的に海外事業を展開しています。そんな京セラのグローバル化を支える海外出身の社員を紹介します。
第7回目となる今回は、本社営業部門に勤務する彼です(^O^)/
 
———————————
私は中国の杭州出身で、来日してから11年がたちました。
現在私は、インクジェットプリントヘッド(商業用印刷機向けの基幹部品)の海外営業を担当しています。今まで米国、欧州、東南アジアのお客様をサポートしてきました。
 
★日本の京セラで働き、よかったこと
日本、中国にとどまらず、さまざまな国と地域の仕事に携わることができることです。中国から日本へ、さらには日本から世界へと、国境を越えて仕事ができることにやりがいを感じています。
 
★日本企業で働く上で苦労していること
日本の方から笑いをとることが難しいです! 特に関西の方は笑いに厳しいので、日々ユーモアのセンスを磨いています(`・ω・´)
 
★日本で生活していて、一番うれしかったこと
海外出身の私を仲間として温かく受け入れてくれたことが一番うれしく感じます。学生時代から今まで本当に多くの親切な方々に出会い、助けられました。日中両国は本当にいい人ばかりなので、お互い本当の姿を見せて親しい隣国になって欲しいです。
 
母国語で一言 : “工欲善其事、必先利其器”(工、その事をよくせんと欲せば、必ずその器を利とす。)
「職人が立派な仕事をしたいと思ったらまず道具を研ぐ」という意味です。
———————————
 
#京セラのグローバル化を支える海外出身社員たち