KYOCERA SOCIAL ALBUM

新しいコンセプトの製品を ~チャレンジする若手社員紹介~

2018/10/25

京セラでは、さまざまなことにチャレンジする、そしてその精神を大切にするという風土があります。第七回となる今回は、横浜中山事業所にてコネクタの開発・設計を行っている彼を紹介します(^^)/

——————-
私は車載製品の基板間接続用のコネクタの開発・設計を担当しています。
例えば最近のカーナビでは、地図だけでなくカメラやセンサーなどの情報をもとに、さまざまなアプリケーションを表示できますが、それらの情報処理を行うのが制御基板です。
その基板同士を電気的に接続するコネクタは必要不可欠なパーツであり、高い信頼性や強度が求められます。

お客様からの部品小型化の要望は強く、信頼性や強度を保持したまま小型化を実現していくことが最大の課題です。コネクタが小さくなれば、それだけ多くの電子部品を基板上に搭載できるため、小型化への取り組みは尽きることがありません。
社内にあるバックデータや解析ソフトによるシミュレーションの結果から実現の可能性を探ったり、先行試作を行って予備評価をしたりすることで、より高機能なコネクタを生みだすことにチャレンジしています。

将来の夢は、市場にない、新しいコンセプトを持ったコネクタの開発・設計です。
コネクタの設計は、既存技術をより良くするという考え方が一般的ですが、お客様の要望によってはそれだけでは解決できないものもあります。
「コネクタに、こんな機能も付加してくれるといいのになぁ…」とか「ここの接続がコネクタになれば組み立てる際の効率が向上するのになぁ…」とか、お客様も困っているが解決案が見つからないことが多々あります。そのような課題に対して新しいコンセプトで解決案を提示し、実現につなげることができればと考えています。
——————-
#チャレンジする若手社員

Facebookコメント