KYOCERA SOCIAL ALBUM

さまざまな場面で活躍する液晶ディスプレイ

2018/11/28

本日は、2018年10月1日に京セラへ事業統合したディスプレイ事業を紹介します。

テレビやスマートフォンなど、生活の一部となっている液晶ディスプレイ。最近では、冷蔵庫や駅の広告表示などにも使われています。ふと周りを見渡してみると、いろいろなところに液晶ディスプレイが見つかりますよね(^^)/

京セラでは、厳しい温度環境のもとで使われる自動車向けや、計測器・工場機械の産業機器向けなど、多用途な液晶ディスプレイの開発、製造、販売を行っています。

■液晶ディスプレイサイト
https://www.kyocera.co.jp/prdct/display/index.html

今回は、最近特に注目を集めている自動車用ヘッドアップディスプレイを紹介します。

ヘッドアップディスプレイは、車両情報をフロントガラスに投影するもので、ドライバーが前方から視線をそらす必要がなくなることから、安全運転への貢献が期待されています。

滋賀野洲工場では、コンパクトで自由度の高い製造ラインを生かして、この用途向けに業界トップクラスの性能をもつ液晶ディスプレイを開発し、お客様に大変ご好評をいただいています。

これからも、お客様に喜んでいただける、より見やすい、より使いやすい液晶ディスプレイを世の中に供給していくことで、社会に貢献してまいります。

Facebookコメント