KYOCERA SOCIAL ALBUM

今年で操業開始50周年 – 鹿児島川内工場

2019/05/23

鹿児島川内工場のある薩摩川内市は、鹿児島県の北西部に位置し、市街部を悠々と流れる一級河川「川内川」や、地形の変化の美しい甑島(こしきしま)など、多種多様な自然環境を有しています。

鹿児島川内工場は、1969年7月に操業を開始し、今年で50周年を迎えます(^^)/

勤務する従業員は4,000名を超え、京セラ国内最大規模の工場の一つです。従業員は地元出身者も多く、若いメンバーも活躍しています。

工場ではファインセラミック部品の生産から始まり、セラミックパッケージや有機パッケージなどの半導体部品、機械工具、セラミックキッチン用品などの生産を行っています。

■ファインセラミック部品の詳細はこちら
https://www.kyocera.co.jp/prdct/fc/index.html

■セラミックパッケージの詳細はこちら
https://www.kyocera.co.jp/prdct/semicon/index.html

■有機パッケージの詳細はこちら
https://www.kyocera.co.jp/prdct/organic/index.html

■機械工具の詳細はこちら
https://www.kyocera.co.jp/prdct/tool/index.html

■セラミックキッチン用品の詳細はこちら
https://www.kyocera.co.jp/prdct/kitchen/index.html

毎年8月には工場敷地内で「夏まつり」を開催しています。従業員や地域の方々による出店、地元の学生による演奏会や地元バンドによるライブステージなど、地域の皆さんに楽しんでいただいています。昨年はなんと、約6,000名もの皆さんにお越しいただきました\(^o^)/

また、毎年11月に行われる「薩摩川内はんやまつり」には、京セラからもたくさんの踊り連が揃いの衣装で参加しており、祭りに華を添えています。お越しになる際には、ぜひご注目ください!