KYOCERA SOCIAL ALBUM

自動運転の実用化に向けて – 京セラのテクノロジー

2020/03/12

車の「死角検知」や「駐車支援」など、状況に応じて複数必要とされているセンサーを一つに集約した、京セラの「マルチファンクション型ミリ波レーダー」。自動運転の実用化に不可欠なこのキーデバイスの特長を紹介する動画を制作しました。

ミリ波レーダーは、非常に高い周波数の電波で、対象物との距離や角度、さらに速度まで測定でき、濃霧などの天候や逆光などの悪条件でも影響を受けにくい特長があります。

「このレーダーで、交通事故を一つでもなくしたい」 京セラのテクノロジーで、より安全でより快適なモビリティ社会を実現していきます。

ぜひ一度ご覧ください(^^)/

■注目のテクノロジー「マルチファンクション型ミリ波レーダー」
https://www.kyocera.co.jp/tech/new/miriha.html