リチウムイオン蓄電システム 小型スタンダードタイプ

  • 製品特長
  • 製品一覧
  • 仕様

必要最小限の電力を、コンパクトに蓄える 小型スタンダードタイプ

製品構成

製品構成

設置イメージ

コンパクトサイズだから、省スペース設置

従来設置が難しかった敷地や屋内にも設置可能。

停電時でも操作できる室内リモコンを装備

タッチキーで操作が可能。
停電時は画面のメッセージでお知らせ。

  • ●屋外に設置の場合は、直射日光が当たらない場所へ取り付けてください。また、重塩害地域での設置は不可となります。

売電重視、蓄電重視のモード設定が可能

押し上げあり設定

対象機種:EGS-LM1201(ご設置時に設定)、EGS-LM0320(ご設置時に設定)

  • 日中に電気を使われる方、燃料電池をお使いの方。
  • 太陽光発電で創った電気をできるだけ売電にまわしたい方。

平成29年度買取価格 太陽光発電の余剰電力※3

  • ●太陽光発電の余剰電力の買取単価は、年度毎で異なります。
  • ●設備認定に関する申請や届出書類の提出日によって適用される単価が異なりますので、詳しくは販売窓口へお問い合わせください。
  • ●平成29年度以降の買取価格については、買取制度、融資や増税などをご覧ください。

押し上げなし設定

対象機種:EGS-LM1201(ご設置時に設定)、EGS-LM0320(ご設置時に設定)、EGS-ML0650

  • 日中に電気を使わない方。
  • 太陽光発電システムが大容量の方。

平成29年度買取価格 太陽光発電の余剰電力※3

  • ●太陽光発電の余剰電力の買取単価は、年度毎で異なります。
  • ●設備認定に関する申請や届出書類の提出日によって適用される単価が異なりますので、詳しくは販売窓口へお問い合わせください。
  • ●平成29年度以降の買取価格については、買取制度、融資や増税などをご覧ください。

停電時、あらかじめ設定した家電へ優先的に自動で電源供給

停電時の動作

大容量タイプ(12.0kWhの場合のイメージです)

停電時に使用できる機器・電力・時間の目安

停電時の電力使用例

大容量タイプ(12.0kWhの場合のイメージです)

使用する電力の合計を約430W程度とした場合、最大23時間連続使用が可能!

  • ●当社算出による。
  • ●自立運転の電源を使用する際、生命に関わる機器は絶対に接続しないでください。
  1. 注1:蓄電池ユニット、パワーコンディショナ、DC/DCコンバータ、計測・操作ユニットは10年保証です。詳しくは、保証書(京セラ(株)発行)の規定に記載しております。
    京セラ住宅用太陽光発電システムを同時に設置する場合、パワーコンディショナ、DC/DCコンバータ、計測・操作ユニットは、トリプル保証対象です。
  2. 注2:蓄電池本体は15年、リモコンは5年、自然災害は10年保証です。詳しくは、保証書(京セラ(株)発行)の規定に記載しております。
  3. 注3:蓄電池本体は10年、リモコンは2年保証です。詳しくは、保証書(京セラ(株)発行)の規定に記載しております。
  1. ※1:タイプや設置される容量によって、また残量によって使用できる電力が異なります。生命に関わる機器は接続しないでください。
  2. ※2:昼間の電力使用量により異なる場合があります。電力使用量が蓄電池の定格3.0kWを超える場合は、不足分を太陽光発電で創った電気で補います(12.0kWhの場合)。
  3. ※3:平成29年4月1日から平成30年3月31日までに適用開始された方の買取価格。適用開始初年度の買取価格で10kW以上は同額で20年間、10kW未満は同額で10年間固定ですが、経済産業省で決定される買取価格は年度毎に見直されます。なお、10kW以上2,000kW未満の単価は21円/kWh(税抜)となり、余剰買取と全量買取が選択でき、同じ買取価格・期間が適用されます。全量買取の場合、蓄電システムは設置いただけません。
  4. ※4:北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成28年4月1日以降に接続契約申込みが受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務づけられ、これに該当する発電設備については、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格が適用されます。設置が義務づけられていない場合には、仮に出力制御対応機器を設置したとしても、「出力制御対応機器設置義務なし」の調達価格が適用されます。
  5. ※5:ケーブルTV・光回線TVや、地上デジタルチューナーをご利用の場合は、それぞれ情報分電盤・チューナーの電源確保が必要となります。
  6. ※6:太陽光発電システムの自立運転機能による充電。太陽光発電パワーコンディショナの自立運転は切り替え操作が必要です。停電時に自動的に切り替わるものではありません。
  7. ※7:自立運転開始時には数秒間停電が発生します。また、その日に使用できる供給量は、普段での蓄電池から利用される電力量(放電量)によって異なります。
  • ●蓄電池で貯めた電気を売電することはできません。

まずはお気軽にご相談ください。

電話で問い合わせる フリーコール 0120-58-0526(無料) 受付時間 9:00〜17:00 土曜・日曜・祝日含む

  • お見積り依頼
  • 資料請求・お問い合わせ
  • カタログダウンロード
このページのTOPへ
住宅用太陽光発電システム
公共・産業用太陽光発電システム