特別展

鳥羽伏見の戦い150年記念展 維新の夜明け

戊辰戦争が勃発してから、来たる2018年1月で150年を迎えます。
京セラ本社ビルの周辺は、慶応4年1月3日に戊辰戦争の端緒となる鳥羽の戦が行われた、まさにその地です。
そのような歴史の転換点となった舞台の地で、維新の行く末を決した戦いの様子を報じた瓦版や錦絵などの文献史料、
伏見奉行所に関する資料、当時の武器などを展示いたします。

〔会期〕2017年10月28日(土)〜 12月3日(日) ※会期中無休
〔会場〕京セラ美術館(本社ビル1階)住所:京都市伏見区竹田鳥羽殿町6番地 TEL:075-604-3518
〔開館時間〕10:00 〜 17:00 ※入館は閉館の30分前まで
〔入場料〕無料

〔主催〕京セラ株式会社
〔共催〕京都市
〔後援〕京都市教育委員会、京都商工会議所、京都新聞、日本経済新聞社京都支社、読売新聞京都総局、
朝日新聞京都総局、毎日新聞京都支局、産経新聞社京都総局、KBS京都、伏見商店街連盟、伏見観光協会
〔協力〕城南宮、御香宮神社、妙教寺、京都府立京都学・歴彩館、京都市歴史資料館、霊山歴史館、月桂冠株式会社、伏見城研究会

〔関連イベント〕(参加無料・事前申込不要)
●講演会 会場:京セラ本社ビル2Fプレゼンテーションルーム
11月18日(土) 13:00〜「 鳥羽伏見の戦いの勝敗を分けたもの」(仮題) 講師 :大和大学准教授 竹本 知行 氏
11月25日(土) 15:00〜「 鳥羽伏見の戦いを読む ー1月3日の西郷隆盛ー」 講師 :城南宮宮司 鳥羽 重宏 氏
●ギャラリートーク
10月29日(日)  11月12日(日)  11月23日(木・祝)  12月3日(日) 各回 14:00〜