グリーンファクトリー 〜工場·事業所における環境配慮〜

Global
グリーンファクトリー
 
項目 2012年度目標 2012年度実績 2013年度目標
工場・事業所における環境配慮の推進
温室効果ガス排出量原単位削減
総エネルギー使用量原単位削減
水使用量原単位削減
産業廃棄物排出量原単位削減
温室効果ガス排出量原単位削減(2011年度比10.5%増加)
総エネルギー使用量原単位削減(2011年度比5.8%削減)
水使用量原単位削減(2011年度比6.9%削減)
産業廃棄物排出量原単位削減(2011年度比10.8%削減)
全生産拠点において、温室効果ガス排出量、エネルギー使用量、水使用量、産業廃棄物排出量を、原単位改善率、前年比1%以上を達成

省エネルギー·地球温暖化防止への取り組み省資源への取り組み廃棄物の削減·再資源化への取り組み
化学物質管理の取り組み京セラグループ各拠点の環境負荷情報

 省エネルギー·地球温暖化防止への取り組み
エネルギー消費拡大が進むにつれて、地球温暖化等の影響が発生しており、産業活動においても限りあるエネルギー資源を有効に利用することが、世界人類の共通の課題となっています。
京セラグループでは、温室効果ガスの削減目標ならびに低炭素社会貢献ファクターの目標を設定、事業活動における省エネルギー対策をはじめとするさまざまな地球温暖化防止対策に取り組んでいます。

省エネルギー·地球温暖化防止への取り組み
写真:LED照明

LED照明


 省資源への取り組み
京セラグループでは、限りある資源を有効に使用して地球環境保護に貢献するため、具体的な削減目標を設定して活動を展開しています。

省資源への取り組み
写真:電気自動車

電気自動車


 廃棄物の削減·再資源化への取り組み
循環型社会の形成が求められる中、京セラグループでは、1991年度から廃棄物削減の基本方針を定め、廃棄物削減活動を展開しています。

廃棄物の削減·再資源化への取り組み
写真:タングステン汚泥回収装置

タングステン汚泥回収装置


 化学物質管理の取り組み
化学物質の中には、環境汚染の原因となり、長期間にわたって蓄積されることで、人の健康や生態系に悪影響を引き起こすものもあります。このため、有害性が懸念される化学物質の大気や水域への排出量、廃棄物に含まれる移動量等を的確に把握し、削減に取り組んでいます。

化学物質管理の取り組み
写真:排気処理装置

排気処理装置


 京セラグループ各拠点の環境負荷情報
京セラグループ各工場·事業所の各拠点の環境負荷情報をご覧いただけます。

京セラグループ各拠点の環境負荷データ
写真:京セラSLCテクノロジー(株)京都綾部工場
CSR報告書 ダウンロード
 関連サイト
会社案内
採用情報
株主·投資家の皆様へ

京セラグループ グリーンカーテンの取り組み
太陽のエネルギーを体験する SOLAR POWER EXPO
   
 
このページのトップへ