電子部品

基板対基板コネクタ

5678 シリーズ

フローティング 高速伝送

5678シリーズは、主に信頼性と高速伝送が要求されるサーバやFA機器、OA機器、 医療機器等でプリント基板同士を平行に接続する用途として使われるコネクタです。プラグコネクタとリセプタクルコネクタとの組み合わせにより 12.0~19.0mmの嵌合(基板間)高さに対応します。高速伝送対応かつ、フローティング機構を有した製品で、機能拡張用サブ基板との接続用途に適したスタッキングコネクタです。 PCI-Express 1.0相当の2.5Gbpsの高速シリアル伝送が可能で、さらに基板上のコネクタの実装ズレや、基板と筐体間の取り付けロスをX/Y方向に±0.4mm可動して吸収するフローティング機構を備えています。これまでのように多極のコネクタに集中配線する必要がなくなるため、小極複数個のコネクタの実装も可能になりました。各回路上のコネクタに回路最短で配置ができ、基板配線の自由度が向上。データ伝送における信号品質の劣化防止に適した構造で、しかも基板実装面積を有効に活用いただけるコネクタです。

0.8mmピッチ

用途 (主なアプリケーション)

OA機器、サーバー、産業・工業用機器、医療機器など

極数別対応型番一覧:

仕様

基板間高さ 12.0, 14.0, 17.0, 19.0mm
極数 60 / 120
接続形態 ストレート-ストレート
金具有/無 金具付
基板実装方法 SMT
極間隔 0.8mm
定格電流 DC 0.5A/Contact
定格電圧 DC 50V/Contact
耐電圧 AC 500Vrms/min.

特長

  • モールドおよびコンタクトにインピーダンス調整を行い、GSSGで差動ペアを構成することで2.5Gbpsの高速伝送を可能としています。(120極の場合、差動ペア数38ペアまでを推奨) PCI Express 1.0やUSB、IEEE1394、SATA規格等の各高速シリアル信号に相当する高速伝送対応コネクタです。コネクタ内に複数のシリアル信号を配線することも可能です。
  • コネクタを嵌合した状態でX/Y方向に±0.4mm可動するフローティング構造です。GSSGの差動ペアとフローティング構造で、特性インピーダンスを100Ω±15℅にコントロールしています。また、±0.4mmフローティングをした場合のインピーダンスの変動値を±3Ω以内に抑えています。
  • プラグコネクタとリセプタクルコネクタの組み合わせにより、12.0mm~19.0mmの嵌合(基板間)高さに対応します。
  • プラグコネクタとリセプタクルコネクタに設けた嵌合ガイドによって誘い込みがなされ、確実な嵌合を可能としています。
  • 環境に優しいRoHS指令、ハロゲンフリー対応品です。
  • コンタクト材質:銅合金
  • インシュレータ材質:耐熱樹脂
  • 使用温度範囲:-40℃~+85℃

めっき仕様

コード接点部テール部金具RoHS指令
831+ Au Au Sn-Cu 対応

基板対基板コネクタTOPへ

製品・技術に関するご相談はこちらまで

まずはお問い合わせください。専任担当が丁寧に対応いたします。

お電話・メールでのお問い合わせ