課題解決事例を紹介!

  • 硬度
  • 高温強度

鋼線の溶融亜鉛メッキ工程(500℃)に使用するガイドの長寿命化に貢献した事例

キーワード

・高い耐摩耗性・高温亜鉛メッキ槽に耐える高温強度

概要

ガイドをファインセラミックスに置き換えることによって解決できた事例を紹介します。
鋼線を制作する工程では錆止め対策として、亜鉛メッキ処理をします。
その工程において、亜鉛メッキ槽(500℃)に鋼線をくぐらせるときに用いるガイドは激しく摩耗が進行する為、頻繁に部品を交換する必要がありました。

課題ガイドの摩耗による交換頻度の高さ

これまではガイドには鋳造用耐火物である溶融シリカ製ガイドが使われていました。
しかし、鋼線との接触により、摩耗が発生し頻繁に交換する必要性がありました。
また、ガイドサイズが大きく、部品交換が大掛かりになっていました。

条件

  • 高温強度が高いこと(500℃)
  • 硬度が高く、摩耗に強いこと
  • 交換時における破損軽減

対策高温強度に優れた窒化ケイ素を採用

約500℃の溶融亜鉛メッキ槽に鋼線を通すときのガイドの材質を溶融シリカから窒化ケイ素に変更しました。
窒化ケイ素は、高い耐摩耗性があり、さらに、高温強度にも優れたファインセラミックスです。

結果ガイドの長寿命化による交換頻度の低減に成功

溶融シリカから耐摩耗性が高いファインセラミックス(窒化ケイ素)への変更により、ガイドの摩耗が軽減されました。
また、ファインセラミックスに変更することでガイドの形状が小型化され体積も減り亜鉛メッキ槽へ沈めやすくなりました。

  • ・理解のしやすさを優先しているため、図・アニメーションでは一部実際とは異なる表現をしております。
  • ・使用条件により、特性が異なる場合があります。

材料特性を見る

特性について学ぶ(ファインセラミックスワールドへ)

  1. 硬度について学ぶ
  2. 高温強度について学ぶ

様々な依頼に対するサポート実績があります。お気軽にご相談ください。

※専門の担当者が製品/技術/サンプルに関する相談を受け付けております。お問い合わせください。

Webからのお問い合わせ

相談する(お問い合わせ)

E-mail ファインセラミックス部品専用はこちら webmaster.fc@kyocera.jp

< 事例一覧ページへ