よくあるご質問(Iot通信機器)

本格的な導入の前に、実証実験を行い たいのですか、可能ですか?

IoTユニットとSIMをセットとした1ヵ月単位の実証実験用料金プラン(1万円/月、30SIMまで)がKDDI様にて用意されています。
その際データは、弊社デモサーバへ送出され蓄積されます。ブラウザからのアクセスによりダッシュボードとして可視化されるようになっていると同時に、CSVデータにてダウンロード可能です。
※デモサーバは、上記サービス利用時には無償にてご利用頂けますが、 2018年12月をもって閉鎖されます。

この製品を車に載せて、車両の位置管理は可能ですか?

車内の温度が課題とはなりますが、直射なしの条件でご利用を検討されているケースはあります。
位置精度をどの程度要求されるか、どの程度の頻度で位置情報の通知を行いたいかがポイントとなります。
特に通信頻度は通信料金と電池持ちに大きく影響しますので、適用可能かどうかはユースケース依存となります。

センサデータへのアクセス方法について、教えてください。

IoTユニットからの通知情報は、一旦弊社にて提供するサーバに蓄積されます。
外部にて構築されるサービスからは、弊社サーバにて用意されたWeb APIを用いて、データを取得して頂くこととなります。
なお、弊社サーバのご利用に際して、毎月のランニング費用が発生しますが、こちらの費用はまだ確定しておりません。

USB給電をしながら、本製品を利用することは可能ですか?

可能ですが、低温時および高温時には充電池の保護のために充電回路が切断され、外部給電が行われなくなります。
その間、充電池からの供給で稼働を継続しますが、充電池が空になるとパワーオフしてしまいます。
その後、通常温度に戻れば外部給電は再開します。

IoT通信機器・IoT通信モジュール
TOPへ戻る