仕様一覧

型番 KY-51D
カラー ブラック
ディスプレイ 約5.8インチ HD+ TFT液晶
サイズ(幅×高さ×厚さ) 約77 x 163 x 14.8 mm
重量 約248 g
充電時間 約140分(ACアダプタ 08(別売)使用時)
バッテリー容量 4,270mAh
OS Android™ 13
CPU MediaTek Dimensity® 700 2.2GHz(2コア)+2.0GHz(6コア)
カメラメイン(アウト) 約1600万画素CMOS(ワイド撮影切替可能)
サブ(イン) 約800万画素CMOS
メモリ内蔵 RAM:4GB/ROM:64GB
外部 microSDXC™(最大1TB)
対応SIM Dual SIM (nanoSIM+eSIM)
対応通信規格*1 LTE™:1/3/8/18/19/28/39/41/42
5G:1/3/28/77/78/79
Wi-Fi® IEEE802.11a/b/g/n(2.4/5GHz)/ac
IEEE802.11r/k/v/w(Wi-Fi高速ローミング)
(※部分的対応)
衛星測位システム GPS/GLONASS/BeiDou/Galileo/QZSS対応
Bluetooth® Ver.5.3
外部接続 USB Type-C™/イヤホンジャック(3.5φ)
耐衝撃/防水/防塵 耐衝撃(MIL-STD-810H Method 516.8:Shock-Procedure IV)/
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)
NFC/FeliCa® 〇 / 〇(おサイフケータイ®対応)
FMラジオ*2
sXGP*3
生体認証 顔認証(Class2)/指紋認証(Class3)

*1:5G通信は対応エリアで使用可能です。
*2:別途、3.5φジャックの有線イヤホン(別売)のご用意が必要です。
*3:sXGPをご利用の場合、別途、専用SIMが必要です。

[MIL-STD-810H、耐衝撃、防水、防塵、耐荷重、温度耐久、泡ハンドソープ洗浄、アルコールなどによるお手入れに関するご注意]
<MIL-STD-810Hについて>米国国防総省の調達基準(MIL-STD-810H)の21項目に準拠した試験
①Shock(落下)高さ約1.22mから26方向で鋼板に落下させる試験 ②Shock(衝撃)衝撃試験機に端末を取り付け、40Gの衝撃を6方向から3回与える試験 ③Vibration(振動)3時間(3方向各1時間/20~2,000Hz)の振動試験 ④High Temperature(高温動作):50℃に固定した3時間の動作試験 ⑤High Temperature(高温動作):32℃~49℃まで3サイクル温度変化させる動作試験 ⑥Sand and Dust(粉塵)連続6時間(風速8.9m/s、濃度10.6g/㎥)の粉塵試験 ⑦Blowing Rain(風雨)降雨量1.7mm/min、6方向各30分間の降雨試験、風速18m/s環境下で30分間の降雨試験 ⑧Rain Drip(雨滴)高さ1m雨滴(15分)の防水試験 ⑨Salt Fog(塩水噴霧):連続24時間の5%塩水噴霧後、24時間乾燥させる塩水耐久試験 ⑩Humidity(湿度)連続10日間(95%RH)の高湿度試験 ⑪Freeze-Thaw(氷結・結露):-10℃で結露や霧を発生させ1時間維持し、25℃、95%RHで動作を確認する試験 ⑫Icing/Freezing Rain(氷結・低温雨):-10℃環境下で着氷した氷の厚さが6mmになるまで氷結させる試験 ⑬Immersion(浸漬):約1.5mの水中に30分間浸漬する試験 ⑭Low Temperature(低温動作):-21℃に固定した3時間の低温動作試験 ⑮Low Temperature(低温保管):-30℃で連続4時間の低温保管試験 ⑯High Temperature(高温保管):60℃で連続4時間の高温耐久試験 ⑰High Temperature(高温保管):30℃~60℃までの温度変化させる高温保管試験 ⑱Temperature Shock(温度耐久・温度衝撃):-21℃~50℃の急激な温度変化において連続3時間の温度耐久試験 ⑲Solar Radiation(太陽光照射)連続20時間1,120W/㎡の日射後、4時間offを10日間繰り返す試験 ⑳Low Pressure(低圧動作):連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧動作試験 ㉑Low Pressure(低圧保管):連続2時間(57.2kPa/高度約4,572m相当)の低圧保管試験を実施。

<防水について>
IPX5とは、内径6.3mmのノズルを用いて、約3mの距離から約12.5リットル/分の水を3分以上注水する条件で、あらゆる方向からのノズルによる噴流水によっても、電話機としての性能を保つことです。IPX8とは、常温で水道水、かつ静水の水深約1.5mの水槽に電話機本体を静かに沈め、約30分間水底に放置しても、本体内部に浸水せず、電話機としての性能を保つことです。

<防塵について>
IP6Xとは、防塵試験用粉塵(直径75μm以下)が内部に入らないように保護されていることを意味します。

<耐衝撃について>
MIL-STD-810H Method 516.8:Shock-Procedure IVに準拠した試験、および以下の京セラ 独自試験(コンクリートに高さ約1.8mから製品を26方向で落下させる試験、高さ約1.0mから500回連続落下させるタンブル試験、ディスプレイ面(中央)に約100gの鋼球を1mの高さから落下させる試験、高さ約1.5mからL型金具に製品を落下させる試験)を実施しています。すべての衝撃に対して保証するものではございません。

<耐荷重について>
京セラ 独自の耐久試験を実施。ボディ全体に約100kgfの面荷重が均等にかかっても電話機の性能を保つことを意味します。

<温度耐久について>
京セラ 独自の耐久試験を実施。高温動作環境60℃で連続3時間の動作試験、高温保管環境70℃で連続4時間の高温耐久試験、30~70℃まで変化させる高温耐久試験をそれぞれ実施し、外装の変形・破損・故障しないことを試験しています。

<泡ハンドソープ洗浄について>
京セラ 独⾃の耐久試験(泡ハンドソープ・泡ボディソープでの⼿洗い・すすぎの洗浄サイクル試験)を実施。国内メーカー製の泡タイプのハンドソープ/ボディソープをご使⽤ください。種類の異なる泡ハンドソープ/泡ボディソープは混ぜないでください。キッチン⽤・業務⽤・無添加・アルカリ性のハンドソープ、業務⽤・無添加・アルカリ性のボディソープや、⽯けん、洗剤、⼊浴剤、シャンプー、リンス、洗顔料、メイク落とし、⻭磨き粉などを使⽤しないでください。※すすぎは⽔道⽔(30℃程度のぬるま湯)による弱めの流⽔で、電話機についた泡をしっかりと落としてください。洗浄後は乾いた柔らかい布に電話機を軽く当てて、しっかりと⽔抜きをしてください。洗い方の詳細及びご注意事項等は取扱説明書をご確認ください。

<アルコールなどによるお手入れについて>
京セラ 独自の耐久試験を実施。消毒用として市販されているイソプロピルアルコール、エタノール、次亜塩素酸ナトリウムを少量含ませた柔らかい布での拭き取り試験を実施しています。イソプロビルアルコール、エタノール、次亜塩素酸ナトリウムは消毒用として販売されているものを、それぞれの取扱説明書をよく読んでお使いください。誤った使い方は人体への影響や引火などの恐れがあります。

<ご使用に関するご注意>
●リアカバー(背面カバー)をしっかり閉じてください。●水道水以外の液体(アルコール、海水、プールの水、温泉の湯、石けん、洗剤、入浴剤の入った水、ジュース、アルコール飲料、調味料など)に浸けたり、かけたりしないでください。また、ペットの尿がかかる場所での使用はしないでください。●お風呂、台所など、湿気の多い場所には長時間放置しないでください。●砂浜などの上に直に置かないでください。送話口(マイク)、スピーカーなどに砂などが入り、音が小さくなったり、本製品内に砂などが混入し発熱や故障したりする原因となります。●万一、水以外が付着してしまった場合、すぐに水で洗い流してください。やや弱めの水流(6リットル/分以下)で蛇口やシャワーより約10cm離れた位置で常温(5℃~35℃)の水道水で洗えます。汚れた場合、ブラシなどは使用せず、リアカバーが開かないように押さえながら手で洗ってください。(お手入れの詳細は取扱説明書をご参照ください)。

★本製品の有する性能は試験環境下での確認であり、実際の使用時すべての状況での動作を保証するものではありません。また、無破損・無故障を保証するものではありません。

【OSバージョンアップ/セキュリティアップデートについて】
・発売されたタイミングから起算して最大2回、最新OSへのバージョンアップが適用されます。OSバージョンアップの適用回数は、購入時期によって変わります。また、最新OSとは「DuraForce EX」に搭載されている Android™ OS に対して、OSバージョンアップが可能な時期において適用される Android OS の最新版を指します。OSバージョンアップの適用回数は販売開始時点の予定であり、変更となる可能性があります。
・発売されたタイミングから起算して3年間のセキュリティアップデートを実施するものです。セキュリティアップデートの適用期間は、購入時期によって変わります。また、セキュリティアップデートの適用期間は、販売開始時点の予定であり、変更となる可能性があります。

※「DURA FORCE」、「グローブタッチ」、「ウェットタッチ」、「JAPAN MADE(ロゴ)」は、京セラ株式会社の登録商標です。

※LTEは、ETSIの商標です。

GoogleAndroidGoogle PlayChrome、およびその他のマークは Google LLC の商標です。

※MediaTek、Dimensityは、MediaTek Inc.の商標または登録商標です。

※Wi-Fiは、Wi-Fi Allianceの商標または登録商標です。

※Bluetooth®ワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、京セラ株式会社は、これら商標を使用する許可を受けています。

※USB Type-CはUSB Implementers Forumの商標です。

※microSD、microSDXCはSD-3C,LLCの商標です。

※Dragontrail®はAGC Inc.の登録商標です。

※おサイフケータイ®は、株式会社NTTドコモの登録商標です。

はフェリカネットワークス株式会社の登録商標です。

※FeliCaは、ソニーグループ株式会社またはその関連会社の登録商標または商標です。

※FeliCaは、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。

※その他の社名および商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標です。

※本製品は下記URLに掲載されているHEVC特許の1つ以上の請求項の権利範囲に含まれています。
patentlist.accessadvance.com

画像:注意注意

本製品は、「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。

危険です、歩きスマホ。 キケン!水ぬれ充電 グリーン購入 あぶない!電池への衝撃 モバイル・リサイクル・ネットワーク[携帯電話・PHSのリサイクルにご協力を。] 危険です、歩きスマホ。 キケン!水ぬれ充電 グリーン購入 あぶない!電池への衝撃 モバイル・リサイクル・ネットワーク[携帯電話・PHSのリサイクルにご協力を。]

◯ 製品仕様およびサービス内容は、予告なく変更することがあります。
◯ 本ホームページは2024年1月現在のものです。

開発者向け情報