KYOCERA SOCIAL ALBUM

森を守るために! – 「京セラの森づくり」

2019/11/25

京セラグループで行っている環境問題への取り組みのひとつに、「京セラの森づくり」活動があります。

11月16日(土)、京都府京田辺市の「甘南備山(かんなびやま)」で、京都では11回目となる「京セラの森づくり」活動を行いました。

当日は間伐作業を行った後、間伐材を利用した林道の階段づくりやペン立て、コースター制作などを行いました。参加した社員とその家族計36名は、自然を楽しみながら環境保全の取り組みに汗を流しました。
翌日は筋肉痛になるほど、“木”を一本切るだけでも大変な体力が必要でした。

皆さんは、木を切ることが森を守ることに繋がるのを知っていますか?
間伐をすることで森にスペースができ、森の中に太陽の光が注がれ、生き生きとした健全な森林に育つのです。

今回、11回目となる活動を記念し、「京セラの森」看板の除幕式を行いました(^^)/
この看板は、京セラが開発、製造する素材“京都オパール”や“ファインセラミックス”を砕き、社員がデコレーションをしました。

今後も本活動を継続して実施し、地域や社会に貢献していきます!

◆ CSR活動(社会・環境への取り組み) – グリーンコミュニケーション
https://www.kyocera.co.jp/ecology/eco/communicate/index.html

Facebookコメント