KYOCERA SOCIAL ALBUM

駅ホームなどでの視覚障がい者の安全歩行をサポートする仕組みの開発

2020/02/12

近年、視覚障がい者の駅ホームからの転落や列車と接触する事故が多く発生し、その対策が喫緊の社会課題となっています。

そこで京セラは、保有する技術であるRFID、振動・音声による情報伝達技術を組み合わせた「スマート白杖」と、駅ホームや列車の連結部にパッシブRFタグを設置し、「スマート白杖」が同タグの受信範囲に入ると、歩行者に手元の触覚伝達技術を通じて危険を知らせる「視覚障がい者歩行支援システム」を開発しています。

2月18日(火)~3月19日(木)まで、「みなとみらいリサーチセンター」(横浜市西区) 1階にある共創スペース「クリエイティブファブ」に本システムの体験コーナーを開設します。この体験コーナーでは、実際の駅を模したセットにて、「スマート白杖」での危険認知までを体験できます。
※体験には、下記申込みサイトから事前の予約が必要です。

体験にご参加いただいた方からのご意見・ご感想を開発に生かすことで、よりユーザー視点で使いやすさの向上を図り、歩行者の安全をサポートする手段の一つとして、社会実装を目指していきます。

◆「視覚障がい者歩行支援システム」の詳細はこちら
https://www.kyocera.co.jp/rd-openinnovation/beta-project/poc_va_system.html

◆体験コーナーへのお申込みはこちら
https://contact.kyocera.co.jp/inquiry/ja/rd-openinnovation91/input.html

Facebookコメント