京セラグループのCSR

Global
京セラフィロソフィをベースとしたCSR活動京セラグループCSR指針国際的な規格・イニシアチブへの対応
CSR活動の重要テーマステークホルダーとのコミュニケーションの推進

 京セラフィロソフィをベースとしたCSR活動
京セラでは、創業当初より「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を経営理念に掲げ、人間として何が正しいかを判断基準とする「京セラフィロソフィ」をベースに経営を行っており、京セラグループのCSR活動の根幹となっています。
この「京セラフィロソフィ」の実践を通して、CSR課題の解決に取り組み、ステークホルダーとの相互信頼の構築、京セラグループの持続的な発展をはかるとともに、社会の健全な発展に貢献していきたいと考えています。

図:京セラグループのCSR活動


 京セラグループCSR指針
京セラグループでは、持続可能な社会の創造へ向けた行動をとるべく、企業行動の規範となるべき「京セラグループCSR指針」を制定しています。

京セラグループCSR指針
序文
京セラでは、創業当初より、「全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時に、人類、社会の進歩発展に貢献すること」を経営理念に掲げ、「京セラフィロソフィ」をベースに経営を行っており、京セラグループの経営の根幹となっています。「京セラフィロソフィ」の日々の実践により、ステークホルダーとの相互信頼の構築、京セラグループの持続的な発展をはかるとともに、社会の健全な発展に貢献していきます。
そこで、企業行動の規範となるべき「京セラグループCSR指針」を定め、持続可能な社会の創造へ向けて行動します。
なお、本指針は、京セラ株式会社および京セラグループ会社、ならびに、すべての役員と従業員に適用します。
 
1.基本的責務
私たちは、法令および社内ルール等を遵守し、「京セラフィロソフィ」をベースに確固たる倫理観をもち、「人間として何が正しいか」を判断基準に、グローバルに企業活動を行います。
 
2.人権・労働
私たちは、基本的人権を尊重します。
2-1. 労働環境の変化や、各国の特性や生活文化を絶えず認識し、適切に対応できる人事制度の構築をはかっていきます。
2-2. 従業員の人権を尊重し、虐待や各種ハラスメントをはじめとする過酷で非人道的な扱いを行いません。
2-3. 従業員との意見交換や情報の共有化をはかり、働きがいのある魅力的な職場環境づくりを推進します。
2-4. 各国の法令や労働慣行を踏まえ、自由に結社する権利を尊重します。
2-5. 強制労働や児童労働はさせません。
2-6. 不当な差別的処遇は行いません。
 
3.安全衛生
私たちは、安全衛生・消防防災に関する法令を遵守し、リスクアセスメントの実施や緊急災害時への備えなど、より積極的かつ継続的に労働安全衛生対策を行うことで、事故災害のない安全で安心して働ける職場環境を提供します。
 
4.環境保全
私たちは、「京セラ環境憲章」を目指すべき環境保護活動の指針とします。
環境保全、省エネルギー・地球温暖化防止、省資源、地球環境商品開発、生物多様性の保全等の環境対策について総合的な取り組みを行い、より積極的かつ継続的に地球環境保護に貢献する改善活動を行うとともに、その取り組みを広く社会に発信します。
京セラ環境憲章
 
5.公正取引・倫理
私たちは、常に公明正大、フェアプレイの精神をもって、公正な取引を行います。
5-1. 公正、透明、自由な競争ならびに適正な取引を行います。
5-2. 国内外の関連法令に則り、明確な輸出入管理体制を整備し対応します。
5-3. 資材調達に関して法令等を遵守し、優越的地位を濫用することなく、誠実かつ公平かつ公正に行い、相互信頼にもとづくパートナーシップの構築に取り組みます。
5-4. お取引先様に対して、CSR活動に対する理解と協力を促します。
5-5. 知的財産権の創造、保護、活用をはかるとともに、他者の知的財産権を尊重し権利侵害を未然に防止します。
  5-6.   ステークホルダーとの関係において不適切な利益の供与や受領を行いません。
  5-7.   政治、行政との健全かつ正常な関係を保ち、贈賄や違法な政治献金などを行いません。
  5-8.   断固として反社会的勢力と対決する姿勢を堅持し、あらゆる不当な要求を拒否します。
  5-9.   不正行為を予防するための活動を行い、また、早期に発見し対応するための制度を整えます。
5-10. 人権侵害等を引き起こしている武装勢力の資金源となる紛争鉱物およびそれらから派生する金属を使用した材料・製品などを購入しません。
 
6.品質および製品安全
私たちは、「京セラ品質方針」および「京セラ製品安全方針」を目指すべき指針とします。
京セラ品質方針
京セラ製品安全方針
 
7.情報開示
私たちは、適切な情報開示や積極的な広報・IR活動などを通じて、常に社会とのコミュニケーションをはかり、公正かつ透明性の高い開かれた企業となることを目指します。
7-1. 株主・投資家をはじめとするステークホルダーへの迅速、適正かつ公平な情報開示に努め、当社の経営および事業活動への理解促進をはかります。
7-2. 株式の売買の公正をはかり、未公表の内部情報を利用した株式売買などの、インサイダー取引の防止に努めます。
 
8.情報セキュリティ
私たちは、個人情報や秘密情報が重要な情報であることを認識し、情報の漏洩防止に努めるとともに情報セキュリティの維持および推進を行います。
8-1. 個人情報がプライバシーを構成する重要な情報であることを認識し、その保護の徹底をはかります。
8-2. 顧客や第三者から受領した秘密情報や業務上知り得た自社の秘密情報を適切に管理および保護し、漏洩、不正使用を防止します。
 
9.事業継続計画 (BCP)
私たちは、事業継続計画BCP(Business Continuity Plan)を策定し、災害等により供給に懸念が発生した場合でも、速やかな復旧と操業を目指します。
 
10.社会貢献
私たちは、企業は社会の一員であるとの認識に立ち、いつの時代も地域・社会の発展を支える企業市民としてその責任を果たし、事業のみならず、さまざまな社会貢献活動を行います。
10-1. 地域との交流やスポーツ支援を積極的に行い、地域社会の発展に貢献します。
10-2. 学術・研究、文化・芸術、国際交流・協力、環境保護活動など、社会に貢献するさまざまな活動を通じて、社会の一員としての責任を果たすよう努めます。


 国際的な規格・イニシアチブへの対応
ISO26000の活用
京セラグループは、2010年11月に発行された社会的責任に関する国際ガイダンス規格である「ISO26000」を活用しています。ISO26000はCSR活動を実践していくうえで、検討すべき項目が7つの中核主題としてまとめられています。京セラグループでは、この中核主題をベースに自社のCSR活動を評価し、継続的な改善を行っていくことで、CSRマネジメントの強化に努めています。

ISO26000の7つの中核主題と対応する掲載項目
中核主題 掲載項目
組織統治
マネジメント
人権
人権の尊重/最適な職場環境の提供
労働慣行
環境
環境への取り組み
公正な事業慣行
公正な事業活動
消費者課題
お客様への配慮
コミュニティへの参画
及びコミュニティの発展
社会貢献活動

「国連グローバル・コンパクト」への参加
京セラグループは、国連が提唱するグローバル・コンパクトに参加しています。グローバル・コンパクトは、1999年にコフィー・アナン国連事務総長(当時)が提唱したイニシアチブであり、2007年に正式に発足しました。「人権」・「労働」・「環境」・「腐敗防止」の4分野・10原則で構成されています。
京セラグループは、この10原則を確実に実践していくことで、社会の持続的な発展に貢献していきます。
写真:THE GLOBAL COMPACT

「国連グローバル・コンパクト」10原則
人権
1. 企業は、国際的に宣言されている人権の保護を支持、尊重すべきである
2. 企業は、自らが人権侵害に加担しないよう確保すべきである
 
労働
3. 企業は、結社の自由と団体交渉の実効的な承認を支持すべきである
4. 企業は、あらゆる形態の強制労働の撤廃を支持すべきである
5. 企業は、児童労働の実効的な廃止を支持すべきである
6. 企業は、雇用と職業における差別の撤廃を支持すべきである
 
環境
7. 企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを支持すべきである
8. 企業は、環境に関するより大きな責任を率先して引き受けるべきである
9. 企業は、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである
 
腐敗防止
10. 企業は、強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである


 CSR活動の重要テーマ

京セラグループでは、「ISO26000」に記載された「中核主題/課題」、「関連行動・期待」をベースに評価シートを作成し、「ステークホルダーにとっての重要性」ならびに「京セラグループにとっての重要性」の2つの観点で評価を行っています。


図:京セラグループにとっての重要性



京セラグループでは、評価結果にもとづき、以下のCSR活動を重要テーマとして、積極的な活動を実施しています。


CSR活動における目標と実績


 ステークホルダーとのコミュニケーションの推進
CSR報告会の開催
京セラグループ(日本国内)では、重要なステークホルダーのひとつである地域社会との双方向のコミュニケーションを一層活発にすることを目的として、2004年度より「CSR報告会」を定期的に開催しています。報告会では、工場が立地する地域の住民、行政、お取引先様、近隣企業など、さまざまな方をお招きし、京セラグループならびに各拠点の経済、社会、環境の取り組みを報告し、人権・労働、安全衛生、環境、公正な取引・倫理など、CSRの取り組みに対する意見交換を行っています。2015年度は、10拠点で212名の皆様に参加いただきました。
 
写真:CSR活動紹介(長野岡谷工場)

CSR活動紹介(長野岡谷工場)
写真:工場見学での排水処理の実験(滋賀蒲生工場)

工場見学での排水処理の実験
(滋賀蒲生工場)
 

<参加された皆様からの主なご質問>

  ■長野岡谷工場
  Q.  京セラの森づくり活動について、具体的にはどのような活動を行っているのか教えて欲しい。
    A.  長野岡谷工場では、生物多様性の保全や地域貢献を目的に、「森林(もり)の里親協定」を締結し、行政や地域と連携して間伐、下草刈り、植樹などを実施しています。作業開始前には、長野県や地域の皆様のご協力のもと、活動地周辺の森林の状況や、作業の注意事項などを学ぶ講習も開催しています。
       
  ■栃木真岡事業所
  Q.  ISO14001は栃木真岡事業所単独で取得しているのか、また、審査は定期的に実施されているのか教えて欲しい。
    A.  ISO14001は京セラグループで取得しています。栃木真岡事業所においても、年1回審査を受審しています。
  そのほか、多くの皆様からご意見、ご質問をいただきました。
   
 
このページのトップへ