ハウスマイルナビィ®(HOUSMILE-Navi®) ご家庭の電気を「見える化」

エネルギーの「見える化」で我が家をスマートハウスに『ハウスマイルナビィ(HEMS:ホーム·エネルギー·マネジメント·システム)』「使用エネルギーが見える!」

ハウスマイルナビィをご利用中のお客様へ

ファームウェアのアップデートの詳細はこちらです。

ECHONET Lite対応
TM ECHONET Lite

システムの特長…様々な表示端末を使って、電気の「見える化」ができます。

ご家庭でお持ちのパソコン(PC)、タブレットPC(Android/iPad)、スマートフォンなど、様々な端末を使って電気の「見える化」ができます!

ご家庭全体の電力使用(主幹)と家庭内の最大16ヶ所の電力消費、さらに太陽光発電や蓄電システム、燃料電池のエネルギー情報など、コントローラに接続したすべての電力状況を「見える化」できるシステムです。
無線LAN を通じて、お手持ちのパソコン、タブレットPC(Android/iPad)、スマートフォンなどの様々な機器に表示が可能です。

『ハウスマイルナビィ』 リチウムイオン蓄電システム…運転状態の表示やモード設定変更などの操作、太陽光発電システム·燃料電池…発電量表示·細かな情報で見える化、エネファーム·エコウィル·外部発電機器の見える化…ガス·水道の使用量計測(2013年対応予定)、テレビ·子供部屋·パソコン·冷蔵庫·IHクッキングヒーターなど…ご家庭の分電盤の分岐回路別の電気使用量表示が最大16分岐計測可能

  • ●本システムでは、無線LANルーターなどの周辺機器が必要です。
  • ●ソフトウェアは機能や性能の向上のためバージョンアップを行う場合があります。ハウスマイルナビィ®を初めてご使用するときには、最新のソフトウェアをご利用いただくために、ソフトウェアのアップデートを必ず実施してください。
  • ●表示画面は、はめ込み合成(イメージ)です。
  • ●商品設定、仕様等は予告無く変更する場合があります。
  • ●Google, AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。Apple, Mac OS, iPad, iPhone, App Store, Safariは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
  • ●エネファームは東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社、JX日鉱日石エネルギー株式会社の登録商標です。エコウィルは大阪ガス株式会社の登録商標です。
  • ●日本国内仕様のため、日本国外では使用できません。
  • ※1:ガス使用量の計測にはパルス発信器付きガスメーターが必要です。水道使用量の計測にはパルス発信式流量計が必要で、配線等の埋設工事もあり新築向けに適します。設置工事については、事前に地域の指定工事業者様へご相談の上、ご依頼ください。
  • *全てのタブレット、スマートフォンに対して、表示を保証するものではありません。

外出先から気軽にアクセス可能

お手持ちのPC、タブレット、スマートフォンなど、LAN環境に対応していれば、さまざまな表示機器に複数同時表示が可能。また、インターネット回線に接続すれば、外出先からでも表示することができます※2

※2:インターネット常時接続環境が必要です。インターネット接続の際に必要な通信料およびプロバイダ契約料はお客様負担となります。電波の受信状態が弱い場所では、画面が更新されるスピードが遅くなり、画面が変化しにくい場合があります。データの更新には10分程度かかります。

●表示画面はイメージです。数値は、実際のものとは異なります。 ●ハウスマイルナビィに各種モニタは付属していません。 ●全てのタブレット、スマートフォンに対して、表示を保証するものではありません。

太陽光発電システム、リチウムイオン蓄電システムと組み合わせて

太陽光発電システムと蓄電システム、さらにエネルギーマネジメントシステムを組み合わせて使用される場合、パソコンやテレビ、スマートフォンやタブレットなど、お客様のお持ちの機器でエネルギーの効率運用の様子を表示することができます。 太陽電池の発電量や蓄電池の充放電状況·残量などが確認でき、各種設定やエネルギーの制御を行うことができます。

*全てのタブレット、スマートフォンに対して、表示を保証するものではありません。

太陽光発電システムと蓄電システム、エネルギーマネジメントシステムの連携

お問い合わせ·資料請求はこちら

一般のお客様

メールでのお問い合わせ

お見積はこちらから

お電話でのお問い合わせ…[フリーコール]0120-58-0526(無料)受付9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む

太陽光発電と組み合わせて

長く使うからこそ、ずっと信頼できる品質を。「太陽光発電は、京セラ。」太陽光発電トップページへ

このページのTOPへ

© KYOCERA Corporation