リチウムイオン蓄電システムⅢ・Ⅳ システムの特長

SII補助金対象機器 太陽エネルギーは「創って蓄える」時代へ 太陽光発電連係型リチウムイオン蓄電システムⅢ/Ⅳ

  • ※1:一社)環境共創イニシアチブ「平成27年度補正予算住宅省エネリノベーション促進事業費補助金」登録機器は型式EGS-LM72AⅣ/BⅢが対象となります。

システムの特長…京セラリチウムイオン蓄電システムⅢ/Ⅳの特長をご紹介します。

特長 ここがバージョンアップ!

  • サイクル寿命が 1.5倍にUP(当社比)6,000サイクル
  • 自立運転時の安心設定搭載 充電電流値変更可能
  • スピード充電 約2.5時間(7.2kWhの場合)スピードUP!
  • ※2:蓄電池は、6000サイクルの充放電後も残存容量80%を維持します(当社調べ)。

『安心』万一の事態に備えた非常用の電源を確保できます。

あっ!停電!⇒

非常時は設定した機器に電気を供給します。テレビ·リビングの照明·冷蔵庫·携帯充電 ●自立運転の際、生命に関わる危機は絶対に接続しないで下さい。 [7.2kWhシステムの場合、合計約430W程度]最大12時間※連続使用可能

日中は、太陽光発電の電気を充電もできます。パワーコンディショナと蓄電システムを組み合わせて充電

停電時に使いたい家電製品をあらかじめ設定しておくことができます。設定いただいた家電製品などには太陽光発電や蓄電池から電力供給が再開されます。太陽光発電に余裕があれば蓄電池への充電もでき、さらに安心です。

停電時の動作 停電時にも自動で電気を供給※4※5してくれます!(1)太陽光発電で発電した電力から、まずリチウムイオン蓄電システムへ充電※4されます。(2)リチウムイオン蓄電システムから、あらかじめ設定された機器へ、自動的に電力が供給されます。(3)冷蔵庫やPC、携帯の充電など、停電時でも安心してお使いいただけます。(4)リチウムイオン蓄電システムは、日中に太陽光発電から充電されているので、夜間の電力供給も可能。長期の停電も安心です。

  • ※3 当社算出による。
  • ※4:太陽光発電システムの自立運転機能による充電。太陽光発電パワーコンディショナの自立運転は切り替え操作が必要です。
    停電時に自動的に切り替わるものではありません。
  • ※5:自立運転開始時には数秒間停電が発生します。また、その日に使用できる供給量は、普段での蓄電池から利用される電力量(放電量)によって異なります。
業界に先駆けて10年保証

構成機器または各部品の製造上の不具合や蓄電池の充電可能容量※6が50%を下回った場合に、無償修理(10年保証)を致します。

*蓄電池本体は10年、専用リモコンは2年保証です。※6:充電可能容量とは25℃の常温環境で測定した場合の残存率(電池容量維持率)です。その他、詳しくは保証書[京セラ株式会社発行]の保証規定に記載しております。また、京セラ指定製品以外の周辺機器等との組み合わせによる故障または損傷の場合は保証対象外となります。当社提携ハウスメーカーにてご購入のお客様の保証条件は、提携ハウスメーカーへお問い合わせください。

●防塵フィルターは消耗品でお客様によるメンテナンスが必要です。

業界初、目的に応じて選べる大容量の2つのシステム

太陽光でつくった電池を出来るだけ多く売りたい方にはタイプA、日中は電気を使わない方にはタイプBがおススメ
  • ※1:住宅用定置型リチウムイオン蓄電池において
  • ※2:北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込みが受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務づけられ、これに該当する発電設備については、「出力制御対応機器設置義務あり」の調達価格が適用されます。設置が義務づけられていない場合には、仮に出力制御対応機器を設置したとしても、「出力制御対応機器設置義務なし」の調達価格が適用されます。
  • ※3:平成28年4月1日から平成29年3月31日までに適用開始された方の買取価格。適用開始初年度の買取価格で10kW以上は同額で20年間、10kW未満は同額で10年間固定ですが、経済産業省で決定される買取価格は年度毎に見直されます。また、10kW以上の場合は余剰買取も選択でき、全量買取と同じ買取価格・期間が適用されます。
  • ※4:昼間の電力使用量により異なる場合があります。電力使用量が蓄電池の定格2.5kWを超える場合は、不足分を太陽光発電でつくった電気で補います。
  • ●蓄電池で貯めた電気を売電することはできません。

売電量をアップする?それとも購入電力0を目指す?ライフスタイルに合わせた6つのモード設定で、ご家庭のエネルギー使用をスマートに!各モードを詳しく見る

新たに補助金制度がスタート! 早めの設置をおすすめします!

(下記の補助金制度による住宅向け公募受付は終了しました。)

平成27年度補正予算「住宅省エネリノベーション促進事業費補助金」

既築の戸建住宅の断熱改修と同時に導入する場合に、リチウムイオン蓄電システムの補助金制度が利用できます。※5

申請期間

(住宅向け公募受付は
終了しました)

申請期間(一次公募) 平成28年3月31日(木)〜平成28年6月9日(木)17:00必着
申請期間(二次公募) 平成28年6月10日(金)〜平成28年8月31日(水)17:00必着
申請期間(三次公募) 平成28年9月5日(月)〜平成28年10月31日(月)17:00必着
到着順に審査され、補助事業申請の合計額が事業規模に達した場合、補助事業申請期間内であっても事業規模に達した日の前日をもって公募は終了されます。
蓄電システム補助額 定額 5万円/kWh(上限額は補助対象費用の1/3又は50万円のいずれか低い金額)
  • *高性能設備(蓄電システム・高効率給湯機)の導入・改修に係る補助金額の合計は、断熱改修に関する高性能建材を活用した改修に係る補助金額の合計以下となります。戸建住宅向け二次公募の事業規模は約18億円です。
蓄電システム対象者 既築の戸建住宅を所有する個人(所有を予定する個人含む)、法人
  • *断熱改修は補助金制度における条件があります。蓄電システム単体の導入や集合住宅への導入は対象外です。
  • *対象となる蓄電システムはSII※6で登録され、ホームページに掲載されたものとなります。

※5:対象となる販売中の京セラ製品は、EGS-LM72AⅣ/BⅢ、EGS-LM1201、EGS-ML0721となります。(2016年11月時点)

※6:一般社団法人環境共創イニシアチブ
補助金制度について、詳しくはホームページをご覧ください。https://sii.or.jp/renovation27r/ 別窓で開きます

HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)と組み合わせて

太陽光発電システムとリチウムイオン蓄電システム、さらにホーム・エネルギー・マネジメント・システムを組み合わせることによって、お手持ちのPC、タブレット、スマートフォンなどで、太陽光発電システムの稼働状況はもちろん、蓄電池の充放電状況や各部屋で使用中の電力量まで、自宅のエネルギー状況を細かく確認でき、エコライフをサポートできます。

PC、タブレット、スマートフォン、モニタユニット

●表示画面はイメージです。数値は、実際のものとは異なります。

●モニタユニット(エコノナビットⅣ)以外の各種表示機器は付属していません。

●全てのタブレット、スマートフォンに対して、表示を保証するものではありません。

●表示画面は、はめ込み合成(イメージ)です。

●Google, AndroidはGoogle Inc.の商標または登録商標です。Apple, Mac OS, iPad, iPhone, App Store, Safariは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。

お問い合わせ·資料請求はこちら

一般のお客様

メールでのお問い合わせ

お見積はこちらから

お電話でのお問い合わせ…[フリーコール]0120-58-0526(無料)受付9:00〜17:00 土曜・日曜・祝祭日含む ※蓄電システムの提案が欲しいとお伝え下さい。

公共·産業用

公共·産業用のお問い合わせ

全国の販売·サポート窓口をさがす 平日9:00〜17:30(土·日·祝除く)

太陽光発電と組み合わせて

長く使うからこそ、ずっと信頼できる品質を。「太陽光発電は、京セラ。」太陽光発電トップページへ

このページのTOPへ

© KYOCERA Corporation