京セラの太陽光発電、国内外のメガソーラー発電所で採用

国内の電力各社では、2020年度までに全国約30箇所、合計約140MWのメガソーラー発電所の建設を計画。今後、発電所用の大型システムの導入·普及がより一層進んでいくとみられています。このような中、京セラは、北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、四国電力、九州電力、沖縄電力のメガソーラー発電所に対して太陽電池モジュールの供給が決定。電力会社のメガソーラー案件において、国内で最も多くの会社に採用されています。(2011年3月時点)
一方、海外においては、スペインの3箇所の太陽光発電所向けに合計50MW以上の太陽電池モジュールを供給した実績を持つほか、タイの34箇所の太陽光発電所向けに、合計204MWの太陽電池モジュールを供給していきます。

東北電力仙台太陽光発電所

東北電力 仙台太陽光発電所

東京電力扇島太陽光発電所

東京電力 扇島太陽光発電所

九州電力メガソーラー大牟田発電所

九州電力 メガソーラー大牟田発電所

スペイン サラマンカ太陽光発電所

スペイン サラマンカ太陽光発電所

スペイン ドゥルシネア太陽光発電所

スペイン ドゥルシネア太陽光発電所

タイ·コラート地方

タイ·コラート地方

ココが信頼のポイント

グローバルな生産体制で高品質製品を世界中に安定供給

京セラでは、太陽電池生産において、グローバル体制を構築し、高品質な製品を世界中に供給しています。
「太陽電池セル」は、滋賀八日市工場と滋賀野洲工場の国内2拠点で生産。また「太陽電池モジュール」は、日本、中国、メキシコ、米国、チェコの5拠点で生産を行っています。
メガソーラー発電所など国内外の大型案件に対しても、安定供給できる体制を構築しており、お客様の要求に「信頼」で応えています。

予測を上回る出力結果で高性能を証明

スペイン(サラマンカ:13.8MW、ドゥルシネア:28.8MW)とタイ(コラート地方:6MW)の発電所に供給した当社製太陽電池の実際の発電量は、発電事業者が設置前に予測した出力値を上回る結果が得られたと報告されており、京セラ製太陽電池の性能の高さを実証しています。※グラフは発電事業者の試算値並びに報告データに基づき作成※グラフは発電事業者の試算値並びに報告データに基づき作成