お客様へのお知らせ

2019年

2019年01月29日

消費者庁調査報告書
「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」について

2019年01月29日

お客様各位

日ごろより、弊社製品をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。
先般、消費者庁から公表された「住宅用太陽光発電システムから発生した火災事故等」の調査報告書に関し、ご自宅に太陽光発電システムを設置されている皆様に製品の安全性についてご心配をおかけしております。 以下、報告書概要と、対象となる弊社製品について説明させていただきます。

(1)報告書の概要
住宅用太陽光発電システムの火災事故等の原因調査と必要な再発防止策

(2)対象となる弊社製品
イメージ図:対象となる弊社製品

(3)弊社に関係する実例
これまで弊社の住宅用太陽電池モジュールについて、太陽電池モジュール本体が原因で発火した事例はございません。 施工不良 · 小動物噛害による配線ケーブルでの漏電が原因で火災が生じた事例は屋根材型の太陽電池モジュールで1例、屋根置き型のもので1例ございますが、施工不良を防ぐための設計変更や、ケーブル保護等により再発防止に努めております。

(4)お客様へのお願い
現在お客様がご使用中の太陽光発電システムについて、分電盤の漏電遮断器の作動や、パワーコンディショナのエラーによる運転停止など、太陽光発電システムの動作に異常が確認された場合は、速やかにご購入された販売店へご連絡ください。

(5)必要な対応
関係省庁から各メーカーへ通達がある予定ですので、それを受けて改めて当ホームページにてご案内させていただきます。

なお、弊社の太陽電池モジュールは、第三者認証機関が定める基準以上に厳しい独自の基準を設け、設計 · 製造を行い安全性を確保しております。

その他ご不明な点がございましたら、弊社お客様相談窓口までお問合せいただきますようお願いいたします。

お問い合わせ先
京セラ株式会社ソーラーエネルギー事業本部 お客様相談窓口 
フリーコール 0120-33-5582
※無料、携帯・スマートフォンからもご利用いただけます
※受付時間9:00~17:00 土曜 日曜 祝祭日も対応いたします
メールでのお問い合わせの際は、下記よりお問い合わせください
https://contact.kyocera.co.jp/inquiry/ja/solar-pvh/input.html