笑顔つなげる京セラ通信

スマホ教室を通じて、お客様をより深く理解することに努め、
シニアの皆様のスマホライフを応援します

 地域の福祉施設と連携したスマホ教室の実施は60回以上にのぼり、延べ700人以上の方々にご参加いただきました(2021年9月30日現在)。
 本活動の目的は、単なるスマートフォンの使い方支援のみならず、参加者やボランティアの皆様がここで得た知識をご自分の所属するコミュニティに持ち帰り広めることによって、新しい役割ややりがいを見出していただくことにあります。
 さらにはこの活動を通じて、メーカーとして、ユーザーの皆様が普段どのようにスマホと接しているのか、使いこなす上でネックになることは何なのかを肌身に感じることができます。
 こういったユーザーの皆様の声を製品の改良に活かすのはもちろん、地域の皆様のコミュニティの活性化を促し、よりよいデジタルライフのお手伝いができると考えています。

参加いただいた方のご感想(一部抜粋)

今日は知らなかった事を体験できた。

(70代女性)

 

わからないことをいろいろ教えてくださるので、大変助かっています。(60代女性)

 

インターネットの使い方がわかったので、知らない言葉が出てきたら、すぐに「○○とは」と入力して調べてみる事ができるので嬉しいです。(70代男性)

丁寧に教えていただきありがとうございます。オンラインの時代、取り残されないように頑張りたいので、応援よろしくお願いいたします。(70代女性)

 

おすすめの商品