ニュースリリース

2020年

2020年02月12日

駅ホームなどでの視覚障がい者の安全歩行をサポートする
「視覚障がい者歩行支援システム」の開発について

京セラみなとみらいリサーチセンターにて開発に活かすための体験コーナーを設置

2020年02月12日 NEW

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、2020年2月18日(火)から3月19日(木)まで、当社のみなとみらいリサーチセンター1階の共創スペース「クリエイティブファブ」にて、視覚障がい者の駅ホームなどでの安全な歩行をサポートする「視覚障がい者歩行支援システム(VAシステム:Visually-Impaired Assistance System)」の体験コーナーを開設しますので、お知らせいたします。

写真:体験エリアイメージ 写真:白杖イメージ

近年、視覚障がい者の駅ホームからの転落や列車と接触する事故が多く発生し、その対策が喫緊の社会課題となっています。その有効な対策であるホームドアは、設置費用ならびに既存のホームに追加設置する際の構造面での制約から、設置件数は全体の一部にとどまり、普及までには相当な時間を要するものと言われています。そこで、京セラは、当社の保有する技術であるRFIDならびに振動・音声による情報伝達技術を組み合わせた「スマート白杖(はくじょう)」と駅ホームや列車の連結部にパッシブRFタグを設置し、「スマート白杖」が同タグの受信範囲に入ると、歩行者に手元の触覚伝達技術を通じて、危険を知らせる仕組みを開発しています。

今回の体験コーナーでは、実際の駅ホームを模したセットにて、「スマート白杖」での危険認知までをご体験いただくものです。本体験コーナーに参加いただいた方からのご意見やご感想を開発に活かすことで、よりユーザー視点で使いやすさの向上を図り、歩行者の安全をサポートする手段のひとつとして、社会実装を目指してまいります。

■体験コーナーの期間、場所、住所
期 間 2020年2月18日(火)~3月19日(木)の平日(火曜日~木曜日)、13:00~16:00
場 所 京セラ みなとみらいリサーチセンター1階「クリエイティブファブ」
住 所 〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3-7-1
※ご体験には申込みサイトから事前のご予約が必要となります。

■視覚障がい者歩行支援システムの詳細は以下をご覧ください。
https://www.kyocera.co.jp/rd-openinnovation/beta-project/poc_va_system.html

■一般の方からの体験コーナーについてのご質問については、以下アドレスまでお願いします。
vivs_kengaku@kyocera.jp

■一般の方からの体験コーナーのお申込みについては、以下からお願いします。
https://contact.kyocera.co.jp/inquiry/ja/rd-openinnovation91/input.html

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

その他(イベント等)の最新ニュース

このページのお問い合わせ