THE NEW VALUE FRONTIER
OIA Open Innovation Arena
  1. Home
  2. オープンイノベーションアリーナ
  3. Beta Project
  4. 「視覚障がい者歩行支援システム」の体験コーナーをみなとみらいリサーチセンターに開設!

オープンイノベーションアリーナ

「視覚障がい者歩行支援システム」の体験コーナーをみなとみらいリサーチセンターに開設!

近年、視覚障がいのある方が駅のホームから転落したり、列車と接触する事故が多く発生しており、その対策が社会課題となっています。都市部では有力な解決策としてホームドアの設置が進んでいますが、交通インフラのぜい弱な地方などでは費用や既存ホームの構造面などの制約から普及までには時間を要すると考えられており、ホーム上での危険回避の対応は進んでいません。そこで京セラは、RFIDならびに振動・音声による情報伝達が可能な「スマート白杖(はくじょう)を用いた視覚障がい者歩行支援システム(VAシステム:Visually-Impaired Assistance System)」を考案し、実用化を視野に入れた開発を進めています。今回、このVAシステムの初期プロトタイプを当社みなとみらいリサーチセンター1階の共創スペース「クリエイティブファブ」に設置し、広く体験いただく機会を設け、今後の開発に向けたご意見・ご感想をいただく場とさせていただく予定です。

日時: 2020年2月18日(火)から3月19日(木)の平日(火曜日~木曜日)13:00~16:00
場所: 京セラみなとみらいリサーチセンター1Fクリエイティブファブ

施設の概要

VAシステムはRFIDを利用しています。視覚障がい者用白杖(スマート白杖)と駅ホームや列車の連結部に設置し、スマート白杖が転落や接触の危険の恐れがある駅ホームや列車連結部に入ると、歩行者にスマート白杖に装備されたバイブレータとスマホを介した音声システムを通じて、事前に危険を知らせる仕組みです。

今回の体験コーナーでは、実際の駅ホームを模したセットにて、「スマート白杖」での危険認知までをご体験いただくものです。本体験コーナーに参加いただいた方からのご意見やご感想を開発に活かすことで、よりユーザー視点で使いやすさの向上を図り、歩行者の安全をサポートする手段のひとつとして、社会実装を目指してまいります。

体験プログラムの概要

(1)舞台装置の危険個所にRFタグを設置しましたので、スマート白杖を振りながら歩いてみてください。タグと杖が一定の距離まで接近すると、杖のグリップに内蔵したバイブレータが振動し、同時にスマホから警告メッセージが流れます。

(2)ご参加される方には簡単なアンケートにご協力いただき、実際の反応や感知距離、タグの位置などについて皆様のご意見をいただきたいと思います。皆様の貴重なご意見を活かして使い勝手の良い製品に改良していきますのでご理解ご協力をよろしくお願いいたします。

(3)このような趣旨ですので、目の不自由な方とそのサポーターの皆様、バリアフリー化の研究者の皆様や導入を検討してみたい企業・団体・行政関係者の皆様などのご来場をお待ちしております。

(4)体験空間は予約制です。2月18日(火)~3月19日(木)の火曜日から木曜日の13:00~16:00までの公開を予定しています(1時間単位で入替)。下記URLの予約フォームに必要事項を入力の上お申し込みください。第3希望日時までご記入いただき、受付け後に確定のご連絡を差し上げます。恐れ入りますが申し込み後しばらくお待ちいただきますのでご承知おきください。