ニュースリリース

2020年

2020年12月09日

CDPによる気候変動調査において、最高評価の「気候変動Aリスト」に初選定

2020年12月09日

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

京セラ株式会社(社長:谷本 秀夫)は、環境分野において世界的に権威のある国際的な非営利団体CDPより、気候変動に対する取り組みや情報開示に優れた企業として、最高評価となる「気候変動Aリスト」に初めて選定されましたので、お知らせいたします。

イメージ:CDPロゴ

CDPの気候変動に関する調査は、気候変動に関する戦略や対応、情報開示等の取り組み関して、「A」、「Aマイナス」から「D」、「Dマイナス」までの8段階で評価し、気候変動に関する戦略や対応、情報開示が特に優れた企業が、「気候変動Aリスト」として公表されます。
現在、京セラグループでは、気候変動対策を重要課題の一つと考えており、温室効果ガス排出削減量、再生可能エネルギー導入量の2030年度目標を設定し、積極的な活動を展開しています。また、気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)の提言に基づき、気候変動に関するリスクと機会の検討、世界の平均気温が2℃、4℃上昇した際のシナリオ分析に基づく当社のエネルギー事業の戦略を策定し、再生可能エネルギーの導入などを進めています。
このたび、これら気候変動に関する活動が総合的に評価され、5,800社を超える対象企業の中から、「気候変動Aリスト」の270社に選定されました。
今後も、京セラグループでは、従来の枠にとらわれない新たな温室効果ガス削減対策を講じていくことで、脱炭素社会の実現、持続可能な社会の発展に貢献してまいります。

■CDPについて
CDP(旧名称:カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)。2000年に英国で設立された国際非営利団体。機関投資家を代表し、世界の主要企業に「気候変動」や「水」、「森林」のリスクと機会に関して、調査・評価を行う世界を代表するESG評価機関。

ニュースリリースは報道機関向けの発表文章であり、そこに掲載されている情報は発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承下さい。

環境·社会活動の最新ニュース

このページのお問い合わせ