THE NEW VALUE FRONTIER

自動運転バス

生活圏の地方分散化や高齢化が進む地域においての公共交通課題に向け、
自動運転に不可欠となる各種センサーを搭載した“自動運転バス”の実証実験を実施しています。

Features & Applications特長・用途

小型EVバスに、自動運転に不可欠となるLiDARやステレオカメラ、ミリ波レーダーなどの各種センサーと、先進モビリティ社と共同で開発する自動運転システムを搭載し、実用化に向けた検証を実施。

特長・用途のイメージ画像

自動運転に不可欠となる各種センサーの搭載した実検証

  • 主な京セラ製デバイス
    ステレオカメラ:前方のあらゆる障害物を検知
    ミリ波レーダー:前方・側方に接近する車両や歩行者の検知
    周辺検知カメラ:バス周辺の死角となる人や車両を認識。巻き込み防止などに活用
  • 先進モビリティ社と共同開発の車両制御ECU搭載
車両制御ECUの図解

2021年10月より京セラ滋賀県蒲生工場~八日市工場間(約1キロ)の定期自動運行による実証実験を行っています。実証実験により実用化に向けた各センサーの精度検証と共に、今後は、車両側への各種センサー搭載だけでなく、路側機(SmartRSU)側とも連携しながら、地域課題の解決に、これら技術を活用して貢献していきたいと考えます。

公道走行のイメージ画像

Explanation Video説明動画

Session Videoセッション動画

暮らしやすい街の実現に向けた自動運転バスへの取り組み

ゲスト

先進モビリティー 株式会社 第2技術部 部長 
中野 泰宏 氏

スピーカー

京セラ(株) 研究開発本部 先進技術研究所 
井上 修身

Contact Usお問い合わせ

ご興味頂いた内容や製品についてのお問い合わせはこちらからお願いします。

お問い合わせ
Special Site TopROAD TO SMART CITY
スペシャルサイトトップ
スペシャルサイトトップ
Special Talkスペシャル対談

動画を見る

スペシャル対談