THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. 知的財産
  3. 知財ニュース一覧
  4. テーブルや壁をスピーカーに変える、 「振動スピーカー」に関する特許を多数保有。

知的財産

IP NEWS知財ニュース

テーブルや壁をスピーカーに変える、
「振動スピーカー」に関する特許を多数保有。

セラミックスには、電気入力を与えられると振動する性質を持つものがあります。これは圧電セラミックスと呼ばれ、その振動特性を活かして、音響の分野を始めとした多くの分野で応用されています。

京セラは、圧電セラミックスをスマートフォンに搭載することを検討しました(上図)。 このスマートフォンは、テーブルや壁などに圧電セラミックスの振動を伝えることができます。

テーブルや壁は、スマートフォンから振動が伝えられると、テーブルや壁自体も振動します。テーブルや壁の振動は空気を震わせ、豊かな音を発生させます(下図)。

京セラは、圧電セラミックスをスマートフォンに搭載することで接触した平板などをスピーカに変える「振動スピーカー」を開発しました。現状、この振動スピーカーは実用化には至っていませんが、京セラは、主に日本、米国で振動スピーカに関する特許を多数獲得し、保有しています。 京セラは保有する特許をライセンスプログラムとしても本サイトに掲載しています。

ライセンスプログラムに関する詳細情報は下記ページをご覧ください。

  • Facebook
  • Twitter