THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. ニュースルーム
  3. ニュースリリース
  4. 水上設置型太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の復旧工事完了について
ニュースリリース

水上設置型太陽光発電所「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」の復旧工事完了について

 
  • 印刷
  • シェア
  • facebooktwitterlinkedin

京セラTCLソーラー合同会社
東京センチュリー株式会社
京セラ株式会社

東京センチュリー株式会社(本社:東京都千代田区)と、京セラ株式会社(本社:京都府京都市)が共同出資する京セラTCLソーラー合同会社(本社:東京都千代田区)は、千葉県市原市に建設した水上設置型太陽光発電所である「千葉・山倉水上メガソーラー発電所」を2018年3月より運用してまいりました。しかし、令和元年房総半島台風(2019年台風第15号)の強風により破損したため、経済産業省、千葉県企業局の指導の下で、再発防止策などを講じた復旧工事を行ってまいりましたが、この度、全ての設備の復旧工事を完了しましたのでお知らせいたします。具体的な再発防止策は以下の通りです。

  • 局所的な力の集中が発生しないよう、フロートアイランド(水上に設置した太陽光発電システム)を単純化・小型化し6つに分けて設置しました。
  • 風に対する安全性を向上させるために、フロートを固定するアンカーの本数を420本から904本に増やしました。
  • 電気火災の発生を防止するために、電気ケーブルをプラス・マイナスで分けて保護管に入れるなどの対策を行いました。
山倉水上メガソーラー(復旧工事完了後)

千葉・山倉水上メガソーラー発電所(復旧工事完了後)

京セラTCLソーラー合同会社、東京センチュリー株式会社、京セラ株式会社は、今後も太陽光発電事業を通じ、地球環境保全ならびに循環型社会の形成に寄与してまいります。

■ 千葉・山倉水上メガソーラー発電所の復旧後の概要

発電所名

千葉・山倉水上メガソーラー発電所

事業主

京セラTCLソーラー合同会社

所在地

千葉県市原市山倉地先「山倉ダム」

敷地面積

約14万㎡

最大発電出力

約13.7MW

年間予想発電量

合計約1,617万kWhの見込み

太陽電池設置枚数

京セラ製太陽電池モジュール 44,898枚

(270W のモジュール8,848枚、315Wのモジュール36,050枚)

売電先

東京電力エナジーパートナー株式会社

設計・施工・

保守・維持管理

京セラコミュニケーションシステム株式会社



■ 「京セラTCLソーラー合同会社」の概要

社名

京セラTCLソーラー合同会社

所在地

東京都千代田区

株主

東京センチュリー株式会社(81%)

京セラ株式会社(19%)

設立年月

2012年8月

記載されている内容は、報道機関向けの発表文章であり、発表日現在のものです。ご覧になった時点ではその内容が異なっている場合がありますので、あらかじめご了承ください。

ニュースルーム関連記事

関連サイト各サイトへリンクされます

関連動画