表面処理

HAコーティング(Hydroxyapatite)

回転除去トルク値の測定結果から、HAコーティングが早期に骨固着していることが、また骨との接触面積の計測結果からは、HAコーティングの接触面積率が高いことがわかります。更にSEM画像からも石灰化の進んだ緻密な新生骨がHAコーティング層と充分に結合していることが確認されました。疑似体液浸漬試験では、浸漬4時間にて表層の微細部分にHA層と推定される結晶層の析出が見られ、以後経時的に、この結晶層の成長が観察されました。
イメージ:回転除去トルク試験(家兎)資料提供:再建歯学研究所(1995)、東京歯科大学歯科保存学第一講座(1996)
イメージ:インプラント表面の骨接触率比較(組織標本)※骨接触率:骨が線維組織を介さず、インプラントに直接接する比率
イメージ:疑似体液(SBF)浸漬における、HAコーティング表面構造の経時観察

陽極酸化処理(Anode Oxidization)

陽極酸化処理によって、表面に130nmの酸化層を施しました。口腔内で審美的な調和が図れるなど、優れた特性を持っています。
イメージ:酸化層断面の模式図

「finesia.world」は京セラが運営しています。その他の京セラの歯科分野の関連サイトはこちらです。

  • 京セラ メディカル事業部 歯科分野製品紹介当社各種歯科関連製品の情報をご覧いただけます
  • デンタル製品ネット販売 www.kyocera-dental.comインターネットからご注文いただけます