その他の特長

機能

ヒーリングチャンバーと埋入トルク

血餅がヒーリングチャンバーに滞留することを目的として、インプラント窩がインプラント体の山径と谷径のセンターに位置するように設計しました。
イメージ:埋入トルク推移(模擬骨) 模擬骨:2層ブロック 50pcf(2mm)/ 15pcf(40mm)
回転数:20rpm
イメージ:形成窩ライン ヒーリングチャンバー

ルートチップ

イメージ:ルートチップ
テーパードタイプのルートチップ(先端)部分のスレッドは、ボディースレッドと比較して高い山径に設計しており、初期固定が必要な抜歯即時埋入等の症例に効果的です。

4つの工夫と安全性

FINESIAシステムを構築する、4つの工夫と安全性

1. 共通したドリルシステム

各インプラントタイプのボディ外形を統一したことにより、同一の術式でドリリングが可能です。
京セラ工具部門の「精確、且つ効率的に切削する」ノウハウを活かし、こだわりの京セラ製ドリルに仕上げました。
イメージ:共通したドリルシステム

2. スムーズな開封を可能にするパッケージ

イメージ:パッケージ
シュリンク包装された外箱は、ワンタッチで開封できる仕様を採用しました。
また、インプラント体はアルミパックで包装されており、防湿効果が期待できます。
イメージ:開封の手順

3. ユニークなインプラントケース

イメージ:インプラントケース
全インプラントタイプ(BL/TL/1P)共通のケースは片手で操作でき、カバーキャップが同梱されています。(1Pを除く)
立てたり、スライドさせたり、非常にユニークなケースです。

4. 安全ストッパー

イメージ:安全ストッパー
パイロットドリルからファイナルドリルまで、1㎜毎にラインナップされたストッパーは、正確且つ安全なドリリングを実現できます。
専用のケースも準備しており、ストッパーの選択が容易、且つワンタッチで装着が可能です。

品質

野洲ブランドの誕生

イメージ:野洲工場

京セラのインプラントは、徹底した品質管理を誇る野洲工場(滋賀県)で生産しています。

滋賀県 野洲工場から生まれる、京セラクオリティ。

品質について

イメージ:ISO13485の認証

京セラ株式会社は、提供する医療機器の品質保証を第一の姿勢として医療機器の品質マネジメントシステムの国際規格であるISO13485をベースに品質保証体制を構築・運用しています。
ISO13485は、医療機器の設計・開発、製造、据付け及び付帯サービス並びに関連するサービスに関する要求事項を規定した品質マネジメントシステムの国際規格です。このISO13485は欧州を始め多くの国で医療機器の法規制上の要求事項として採用されており、日本のQMS省令においてもISO13485の考え方が取り入れられています。このため世界の医療機器市場へ製品を提供する上で欠かせないものとなってきています。

京セラ株式会社ではお客様からの引合いからお客様へ製品をお届けするまでをカバーするように設計・開発、製造及び販売に至るまでを適用範囲とした総合的な品質マネジメントシステムを構築し国際的な第三者認証機関よりISO13485の認証を取得しています。

「finesia.world」は京セラが運営しています。その他の京セラの歯科分野の関連サイトはこちらです。

  • 京セラ メディカル事業部 歯科分野製品紹介当社各種歯科関連製品の情報をご覧いただけます
  • デンタル製品ネット販売 www.kyocera-dental.comインターネットからご注文いただけます