京セラ製インプラントの判別ポイント

FINESIA 1P(1ピースタイプ)は、FINESIAの京セラ製インプラントとして2017年に発売された、現在も生産されているラインです。判別ポイントとしてボディ形状はTapered Apex / Straightとなります。

FINESIA 1P(1ピースタイプ)

  • FINESIA 1P(1ピースタイプ)X線画像
  • FINESIA 1P(1ピースタイプ)画像
販売期間 開始 2017年
終了 現行
ボディ形状 Tapered Apex/Straight
コネクション -

インプラントサイズのバリエーション 単位(mm)

幅径 骨内長 ポスト部
3.0 8 10 12 14 7/9/11
3.2 8 10 12 14 7/9/11
3.4 8 10 12 14 7/9/11
3.7 6 8 10 12 14 7/9/11
4.2 6 8 10 12 14 7/9/11
4.7 6 8 10 12 14 7/9/11

インプラント埋入用 ヘキサロビューラ穴(対角線距離:1.7mm)

インプラント埋入用 ヘキサロビューラ穴

カラーコード

【ドリル/ストッパー】

(単位:mm)

インプラント体直径(φ) 3.0 3.2 3.4 3.7 4.2 4.7 5.2
カラーコード
1P

「finesia.world」は京セラが運営しています。その他の京セラの歯科分野の関連サイトはこちらです。

  • 京セラ メディカル事業部 歯科分野製品紹介当社各種歯科関連製品の情報をご覧いただけます
  • デンタル製品ネット販売 www.kyocera-dental.comインターネットからご注文いただけます