京セラ製インプラントの判別ポイント

POI WIDEBASE は、FINESIAの京セラ製インプラントとして2004年に発売され、現在は販売されていない旧型のラインになります。判別ポイントとしてボディ形状はStraightで、コネクションはInternal HEXとなります。

POI WIDEBASE

  • X線画像
  • 画像
販売期間 開始 2004年
終了 2011年
ボディ形状 Straight
コネクション Internal HEX

インプラントサイズのバリエーション 単位(mm)

幅径 骨内長 プラットフォーム径
3.7 10 12 14 16 5.5
4.2 10 12 14 16

インプラントコネクション部 インターナル・ヘックス・バットコネクション

インプラントコネクション部 インターナル・ヘックス・バットコネクション

インプラント体-ポストアバットメント装着時

  • フレックス ドライバー
    ドライバー:

    フレックス ドライバー

    対辺距離:

    1.1mm

  • アバットメントスクリュー
    スクリュー:

    アバットメントスクリュー

幅径 対辺距離 スクリュー径 アバットメントの
アクセスホール径
全サイズ 1.1mm M2.0 2.3mm

「finesia.world」は京セラが運営しています。その他の京セラの歯科分野の関連サイトはこちらです。

  • 京セラ メディカル事業部 歯科分野製品紹介当社各種歯科関連製品の情報をご覧いただけます
  • デンタル製品ネット販売 www.kyocera-dental.comインターネットからご注文いただけます