THE NEW VALUE FRONTIER

RECRUITING 2021

モノを作る。移動する。意思を伝える。
暮らす。私たちのすぐ側に、京セラはいる。

Future hashtag
#法的サポートで
ビジネスを加速させる
Profile
法務
法学研究科卒業
2016年入社営業管理系

交渉技術を磨き、海外顧客との大口契約を任せられる人に

KYOCERA Job

#01 若手有志で京セラグループ全社共通のグローバルルールを作成

海外のお客様との契約交渉において、より正確かつスピーディーに戦略を立てるため、私を含む若手3名で海外グループ会社の法務部門との効率的な協力関係構築を目指す活動を行いました。全世界の京セラグループ各社に適用できるような契約修正ポリシーの作成、効率的な契約検討ルールについて、事業部門、海外グループ会社の法務部門と何度も打合せを行い、仮案を作成。今後、全世界の京セラグループ各社の法務担当者が集うグローバル法務会議の場で、この活動について発表し、京セラグループ共通のルールとして運用していく予定です。

#02 さらなる自己研鑽を図り、海外顧客との契約交渉を一人で担当したい

今でも海外のお客様との契約に携わっていますが、まだFace to Faceの大きな交渉を行ったことはないので、ぜひそうした案件に携わりたいですね。契約の交渉は、言葉のチョイスや契約内容の提案順、交渉自体のタイミングなど、相手の数手先を読みながら進める高い技術が求められますが、英語でも問題なく遂行できるよう海外の法律の知識を習得し、語学力を磨いていきたいです。そしてゆくゆくは、京セラのグローバルビジネスに対し、法的知識と交渉技術をもってサポートができる人材になりたいと思っています。

Career

入社
1年目
法務部へ配属。
OJTにて契約の検討を行う。
グローバル会議や社外セミナーへの参加などを経験。
入社
2年目
契約に関する社内教育の講師を担当。企業・大学との契約交渉も行う。
入社
3年目
外部弁護士と協力の上、プロジェクト案件での契約交渉に従事。
2ヵ月間の短期語学留学後、海外グループ会社との関係強化に向けたプロジェクトに参加。

Interview

#01 Theme 後輩との関わり方


人事
入社3年目でまだお若いですが、後輩の皆さんとは日々どんな関わり方をしていますか?

社員
お互いに意見を出し合って一緒に考えることを意識しています。

人事
専門性が高い法務の業務において、そうした関わり方を心がけている理由を教えてください。

社員
それぞれ得意な法律分野があるので、お互いに意見を出し合うことで、自分だけでは思いつかなかった解決方法や交渉方法を学ぶことができるのが大きいですね。

人事
そうした関わり方によって、ブレイクスルーが生まれることがあるんですね!

社員
法務部は、先輩も後輩も関係なく、自由に意見を言えるフラットな環境であることもその要因だと思います。

人事
後輩の皆さんはご自身にとってどんな存在なんでしょう?

社員
私にはないアイデアを教えてくれる仲間でしょうか。また、仕事でもプライベートでも自分の意思を明確に持っている人ばかりですから、その存在はとても心強いですね。

#02 Theme 学生へのメッセージ


人事
ご自身はどんな就職活動を行っていたんですか?

社員
卒業生の先輩たちに、勤めている会社や業界についてたくさんヒアリングしましたね。あとは、自分が興味のない業界であっても意識的に調べるようにしていました。

人事
なぜ、興味のない業界についても調べていたんですか?

社員
やっぱり、企業や業界に対する知識にどうしても偏りがありましたから。

人事
そうすることで、企業選びにどんな影響がありましたか?

社員
もし自分がこの企業や業界で働いたら将来どんなことができるのかをイメージできましたし、法律の知識を活かしたいという自分自身の夢も改めて見つめ直すことができました。

人事
学生の皆さんにはきっと参考になるお話だと思います。それでは、これから就職活動をスタートする皆さんにメッセージをお願いします。

社員
就職は人生においてとてもインパクトの大きいことだと思うので、できる限りいろいろな企業を見て、5年後、10年後になりたい自分になれる企業を選んでほしいですね。もし、その企業が京セラであればとてもうれしいですし、一緒に働ける日を楽しみに待っています!

STAFF AND JOB TOP に戻る

RECRUITING 2021

モノを作る。移動する。意思を伝える。
暮らす。私たちのすぐ側に、京セラはいる。