特別展

『第3回日本陶磁協会奨励賞関西展』

【会期】 2018年10月21日(日)〜11月25日(日)
【会場】京セラ美術館(京セラ本社ビル1F)
【開館時間】10:00〜17:00 ※入場は閉館の30分前まで
【入場料】無料
【主催】公益社団法人日本陶磁協会
【共催】京都府、京都市、京都新聞、京セラ美術館
【後援】経済産業省、観光庁、京都商工会議所、公益社団法人京都観光協会、京都陶磁器協同組合連合会、京都工芸美術作家協会、京都美術商協同組合、京都美術倶楽部、NHK京都放送局、KBS京都、日本経済新聞社京都支社、滋賀県、甲賀市、信楽陶芸作家協会、信楽陶器工業協同組合、BBCびわ湖放送、奈良県、奈良市、奈良新聞社、奈良テレビ放送、和歌山県、紀伊民報社、大阪府、朝日新聞社、産経新聞社、関西テレビ放送、毎日放送、読売テレビ、兵庫県、篠山市、三田市、兵庫県工芸美術作家協会、神戸新聞社、日本陶磁協会京都後援会、日本陶磁協会大阪後援会、日本陶磁協会明石後援会
【協賛】京セラ株式会社、一般財団法人京都陶磁器協会
【協力】文化庁地域文化創生本部、城南宮、伏見酒造組合

関連イベント

〔関西展記念茶会〕

日時/10月27日(土)10:00〜 16:00
会場/城南宮・斎館にて立礼席 (京都市伏見区中島離宮町7 Tel 075-623-0846)
会費/2,000円(神苑拝観料含む)
申込方法/日本陶磁協会京都後援会(〒603-8232 京都市北区紫野東野町20-17 GALLERY器館)関西展記念茶会係までハガキにてお申し込みください。

〔関西展記念利き酒会〕

日時/11月3日(土・祝)15:00〜17:00
場所/増田德兵衛商店・月の桂酒藏 (〒612-8471京都府京都市伏見区下鳥羽長田町135 Tel 075-611-5151)
会費/5,000円
定員/50名
※参加者が自慢の酒器を持ち寄って、伏見のお酒の飲み比べを行ないます。
申込方法/日本陶磁協会京都後援会(〒603-8232 京都市北区紫野東野町20-17 GALLERY器館)関西展記念利き酒会係までハガキにてお申し込みください。
定員になり次第締切。

〔記念講演会〕

※会場はいずれも京セラ美術館2Fプレゼンテーションルーム
※定員50名 要事前申込(京セラ美術館 Tel 075-604-3518)

10月27日(土)11:00〜12:00
演目/「自分にとってのやきものとは」 
講師/深見陶治(陶芸家)×森孝一(日本陶磁協会常任理事)

10月27日(土)13:00〜14:00
演目/「京都の中の伝統と革新 〜京焼を中心に〜」 
講師/中ノ堂一信(京都造形芸術大学客員教授)

11月3日(土・祝)11:00〜12:00
演目/「京都のチカラ・京焼の魅力」 
講師/森野泰明(陶芸家)×森孝一(日本陶磁協会常任理事)

11月3日(土・祝)13:00〜14:00
演目/「酒器の醍醐味」 
講師/増田德兵衛(伏見酒造組合理事長 和食文化国民会議理事)×森孝一(日本陶磁協会常任理事)

奨励賞受賞作品

〔鑑賞・茶陶部門〕

木野 智史 「颪(螺旋)」
木野 智史 「颪(螺旋)」
迫 能弘 「炭化たたき広口壺」
迫 能弘 「炭化たたき広口壺」
福本 双紅「月影」
福本 双紅「月影」

〔実用陶器・クラフト部門〕

小坂 大毅 「貝形蓋向附」
小坂 大毅 「貝形蓋向附」
中村 譲司 「覆黒銀彩茶器揃」
中村 譲司 「覆黒銀彩茶器揃」