THE NEW VALUE FRONTIER
  1. Home
  2. ロボティクス

ロボティクス

「ティーチング」といわれるプログラミング作業を極小化し、
シンプルかつスピーディーに活用できる京セラのAI協働ロボット・システムが、
新たな多品種少量生産の可能性を創造します。

Scroll

人と機械が共存する
未来の現場を創るAI Collaborative Robot

協働ロボットのティーチングを極小化し、シンプルかつスピーディーに活用できる
京セラのAI協働ロボット・システムが、新たな多品種少量生産の可能性を創造します。

image

一般的な協働ロボット

新たな作業や取り扱い品種が追加されるたびに
プログラムの詳細設定・調整を行う

image

京セラの
AI協働ロボット・システム

「トレイAからトレイBへ移動させる」といった
作業目的を指定するだけ

人と機械が共存する未来の現場へ。
共に働き、共に考え、共に行動する、京セラのAI協働ロボット・システム。

協働ロボットのサイバー・フィジカル・システムの構築

京セラのAI協働ロボット・システムは、協働ロボットのコントローラー内で自律的にリアルタイム処理をする「エッジ・システム」と、現場のデータを基に学習する「クラウド・システム」で構成されています。
この2つのシステムにより、「ティーチング」と呼ばれるロボットの把持(はじ)対象物の情報登録やその対象物を移動させるロボットのアームの経路設定が不要となります。

これにより、特に多品種少量生産の現場において、対象品種が変わるごとに必要なティーチング作業を行わなくても協働ロボットが自律的に動き、生産現場の効率化を図ることができます。

特 長

京セラのAI協働ロボット・システムの特長を動画で紹介しております。
ぜひ、ご視聴ください。

【コンテンツ】
POINT-1 : 直感的な簡単操作
POINT-2 : 多品種・変種への柔軟な対応
POINT-3 : 障害物回避経路を自動生成
POINT-4 : 環境光変化に対するロバスト性
特徴1

POINT-1直感的な簡単操作

「どこからどこへ移動させる」といった作業目的を指示するだけで、ロボットをシンプルかつスピーディーに活用できます。

特徴2

POINT-2多品種・変種への
柔軟な対応

AIライブラリを入れ替えるだけで、大きく品種が異なる段取り替えの操作を完了できます。

特徴3

POINT-3障害物回避経路を
自動生成

経路上の障害物を検知して、回避する最適な経路を自律的に生成します。

特徴4

POINT-4環境光変化に対する
ロバスト性

照明条件が変わっても、常に安定した物体認識が可能です。

活用例

京セラのAI協働ロボット・システムは、特に多品種少量生産の現場において、対象品種が変わるごとに必要なプログラミング作業を行わなくても協働ロボットが自律的に動き、生産現場の効率化を図ることができます。

  • 組み立て
    組み立て
  • マシンテンディング
    マシンテンディング
  • キッティング
    キッティング

トピックス

2020.11.12
JIMTOF2020 ONLINEに出展
2020.10.20
CEATEC 2020 ONLINEに出展
2020.10.13
ニュースリリース 京セラが協働ロボット・システムを開発

開発中の製品や技術の為、
ご要望にお応えできない場合も
ございます

協働ロボットCollaborative Robot

協働ロボットとは、安全柵無しで人と作業空間を共有することができる小型の産業用ロボットです。
協働ロボットの導入が期待される生産現場の中でも、多品種少量生産の現場では、ロボットが行う作業毎にティーチングといわれるプログラミング作業が必要となるため、時間・手間がかかり、協働ロボット導入の課題となっています。

close
お問い合わせ